ストレスが肉体に現れてきている

所属事業部がファンドに売却されてから、2ヶ月経過しようとしています。

かつて経験したことがないほど、門性的な疲れが溜まっていくのが分ります。

肉体的な負荷は、変わっていませんから、ストレスが肉体に現れてきている

のだと考えます。

特に強く感じるのが、回りの負のオーラが、自分の精神に影響を与えて疲労を

蓄積させています。

このところ、突然の年休取得者が増えたり、半日年休を大量に取る人が目立って

います。

また、以前は温厚だった人が、攻撃的になる傾向も目立ちます。

やってみた対抗策

一通りの対抗策をとってみたのですが、効果は感じられません。

  • 生活リズムを崩さない
  • こまめにストレスを解消する
  • 休日のストレス解消
  • ドリンク剤等によるドーピング
  • 不調者への声かけ

現状、唯一効果的と思われるのは、お医者様に相談し、0.5mg 3錠と

減薬できていたデパスを、6錠と倍増してもらったことです。

薬で凌がないと、精神が持たないことが、はっきり認識できます。

自立神経も少しずつ壊れてきており、この辺りで食い止めないと

まずそうです。

今後の予測

当然、幹部サイドも状況に気づいて、対抗策を打っています。

例えば、来週私たちのグループは、日中に幹部の個人面談があり、

新年会も企画されています。

また、ライン管理者には週一でファシリテーション研修が実施されて

います。

但し、メンタル的に調子を崩している人たちは、入社10~15年、

マイホームを建てたばかり、子供は小学生以下が二人以上という

ケースが多いです。

「ファンド売却後2年間、現状を保障する」という条件では、さすがに

精神衛生上厳しいと納得できます。

今は、新製品の開発が終わり、顧客の認定を受けて量産化していく

重要な時期だけに、実働部隊に影響が出ている状況は非常に痛いです。

この先、数ヶ月歯車が上手く回って、いい方向に変化が出ることを

望むばかりです。

私は細々としたサポートに徹し、少しでもチームの負荷低減に努めたいと

考えています。

また、この方面はセミプロを認識していますので、上手く回りに働きかけ

状況緩和を目指してみます。