⇒61才ガンで後輩父親の急死! 健康過ぎたゆえ招いた悲劇に思う

後輩が昨日、初七日行事を終えて復帰しました。

⇒所属事業所ファンド売却 家族に「おおかみおじさん」と呼ばれて思うこと

我々グループの落ち着き先も、2017年3月1日の幹部

説明会で収束しました。

一週間余り、ドタバタに巻き込まれていました。

一方、久々に目一杯忙しくて、承認欲求的には心地よかた

面もあります。

久々の6:00-21:00 100m走

このところ、意識して6:00-18:00勤務になるよう

仕事を調整していました。

今回は同じチームの後輩が、ご実家ご不不幸で繁忙期に帰省

となり、その穴埋めをしました。

 

6:00-21-00を昼食5分間休憩を除いて、仕事に

取り組み続けたのは、久しぶりでした。

また私担当の仕事場が1F、後輩の仕事場が3Fだったため、

日に10回以上の階段往復は、心地よかったです。

 

昨日、後輩が初七日を終え復帰してくれました。

午前中には、仕事を引き継げたので、元の生活に復帰でき

ました。

 

また、週切りの顧客へのサンプル出荷数も穴を空けずに

済み、ほっとしています。

また、2.5ほど原料できたのは、思わぬボーナスでした。

人間は承認欲求ベースの生き物

二週間程度のドタバタでしたが、回りに頼りにされて、

それに応えるのは気持ちが良いものです。

人間は承認欲求ベースの生き物だと、改めて感じました。

 

後輩も今回転職してしまうかと、心配していたのですが、

戻ってきてくれました。

これは、来月に初の海外出張が控えているのが多きいです。

 

来週から2週間ほど初めて海外出張に行く若手も、最近

モチベーションを取り戻しており、大助かりです。

仕事の主軸として、回りから承認されていることが、心の

支えになっているのだと思います。

 

いづれにせよ、量産化を立ち上げ、各種問題が一通り

収束するまで、チームの力になりたいです。

ベースは裏方仕事中心ですが、今回のようなこともあるので、

備え準備をしておきます。

グループの勤務先最終決定

⇒所属事業所ファンド売却 時間は命 金より大切 通勤方法を再考した

本件2017年12月までは現在の場所、そこから、延長

願いして認められた期間、その後、同じ敷地内の別の建屋に

移動に最終決定しました。

 

私は往復4時間通勤、単身赴任、他特殊作戦と揺れ動きまし

たが、通勤時間5分と最もありがたい結果となりました。

グループ内も、ご家族の関係で往復4時間通勤が主流だった

だけに、目先安堵感が広がっています。

 

2年後には、大きな動きが想定されますが、目先の製品開発、

量産化、投資回収・収益確保を確実に進めることが、次の

展開に繋がっていきます。

あたりまえのことを、確実に一歩づつ進めていくことが、

何より重要だと感じています。