⇒所属事業所ファンド売却 事業本部長の全員面接 打ち上げで漏れた本音

前回の記事で、事業本部長がグループ全員面接をした話をしました。

その目的の一つは、30代のコア人材が次々辞めていくことに対し、

持ち株ファンド会社から対策を求められた面もあります。

 

我々のグループは、今年10月にコア勤務地に移動することが決まって

います。

通勤時間が片道2時間というのが微妙で、持ち家を持ったばかりの方も

多く、単身赴任ではなく、通勤を選ぶ人がほとんどの状況です。

 

上記に抵抗がある人が多く、緩和策を聞き取り調査,対応することで、

持ち株ファンドの要求に応えようというものです。

通勤時間対策内容決定

上記のような背景で、現在の事業所に留まることも有力候補であると

事前に聞かされていたため、期待が大きく高まっていました。

面接があったのが木曜日、週明けの月曜日に結論が出ました。

グループ21名中、事業部長の面接判断では、積極的~消極的移動

希望者19名、反対者2名ということで、移動が最終決定されました。

 

我々にしてみると、上げて落とされた感が強く、また事業部長の面接

判断と我々の思いの乖離に失望感が広がりました。

また、決定理由の一つとして、現在の製品開発が上手くいかなかった

場合、コア勤務地製品への人員吸収が効率的とも説明されました。

この辺りは、私にはともかく、若手には言うべきではないです。

今回の一件で通勤方法について考えたこと

私は本件の前、往復4時間通勤することに決めていました。

判断理由は下記です。

  • 2年間は身分が保障されているが、その先は不明、様子見したい
  • 長男が現状高2、大学進学で家を出るまでは一緒に過ごしたい
  • 子供が家を出た後は4人別々に済むことになり、余りに非効率
  • 家を売るにも、流動性が悪く現実的でない

今回の一件を通して、コア勤務地近辺にアパートを借り、単身赴任する

方向に傾いています。

判断材料は下記です。

  • 冷静に考えると4時間も通勤時間にかけるのはありえない
  • 2年後に大きな動きがあるとしても、単身アパートなら影響は軽微
  • 金銭面の負荷が増えるが、私の隠し手持ち金利用で、家計に負荷無し

時間はなにより大事にすべきもの

私の基本的な考えですが、時間は万人に平等に与えられているように

見えるが、有限でありお金で買えないもの。

上記を意識して、自分に与えれた時間を、最大限有効活用すべきだと

考えます。

 

これまでの会社生活で、家庭を持ち、子供を授かり、会社生活も順調に

過ごしていながら、ガンであっという間に亡くなった人を何人も見て

きました。

10月までは、まだ時間がありますので、工夫の余地がないか諸々

模索してみます。

 

 

単身赴任関連記事を、グループ分けして、

まとめ記事として、整理してみました。