単身赴任が決まり、先ずは住環境を整えています

実際に動いてみると、失敗体験からコツのような

ものが見えてきます。

 

限られた時間の中で、会社のサポート内容を利用して

時間的,金銭的に有用と思われるポイントを纏めて

みました。

 

今回は2017年5月3日に体験した、日用品購入編

です。

5月1日の家具搬入は私一人で対応しましたが、今回は

妻と二人で対応しました。

お店が開く前に物件初期状態チェック

8時に現地入りして、先ずは、お店が開く10時前に

物件初期状態チェックをしました。

築10年、大規模リホーム済みなのは、分りましたが、

ラフな私が見ても、細かなキズや劣化があります。

 

この辺りは、妻が得意な分野で、拭き掃除したり、

少し負荷を掛けた使用でチェックしていきました。

「入居時室内状況確認書」に、20項目程度指摘

事項を書き込めました。

お店は大物購入から始める

10時が迫ってくると、二人でお店に出かけました。

電子レンジ・炊飯器置き、収納ボックスx2、

レースカーテン(メインカーテンは会社レンタル品)、

脚立です。

 

先ずは、ホームセンターに出向き値段相場・品揃えを

知った後、中堅家具専門店に行きました。

今回は、中堅家具専門店の方が、捌ける量の差で、

値段が易く、品揃え的が豊富でした。

 

5月1日に、組み立て家具で半日潰したので、組み

立てと配送を頼んでみるました。

回答の一例が、5千円の商品対し、組み立て費が

2千円,配送費2千円,3日後といった感じで、

持ち帰り,自力組み立て以外ありえませんでした。

 

続いて、ドラックストアに移動し、100円

ショップで売っていない日常品小物を購入しました。

ここまでで、午前対応終了しました。

次は組み立てと買い出しに分かれる

昼食を軽く済ませて、私が家具組み立て、妻が買い

出しに分かれました。

当日は13時にガスの開通工事を依頼しており、

留守番が必要だったこと、

 

買い出しは100円ショップから不足分をホーム

センターの流れができており、嗜好もほぼ関係ない

ためです。

 

私は前回で組み立てのコツを掴んだので、1時間に

1個程度のペースで組み立てできました。

2時間半ほどで、妻が戻ってきて、細かな家具を

取り付け、日用品を並べていくと、生活感が出て

きました。

資源ゴミは持ち帰る

私の借家の地域は、ゴミ出しの分別が非常に

厳しいです。

そのため、今回大量に出た資源ゴミを、かってが

分っている自宅に持ち帰るようしました。

 

事前に自宅向けに分別し、持ち帰り用に小分け・

束ね等を並行して行っていました。

車の後ろ半分に、積み込むことができました。

 

5月8, 9, 10日は、元の事業所に出社して

残務対応、5月11日から新事業所出社と

慌ただしい予定になっているため、非常に

助かりました。

まとめ

今回は妻との連携プレーで16時には、自宅に

向かうことができました。

憂いとなっていた資源ゴミ対応も片付いて、

満足のいく内容でした。

 

残りは対応会社が休みで本日対応できなかった、

CATV初期対応と、インターネット対応です。

5月4日に電話をいただけることになっているので、

GW中に対応完了できるよう交渉する予定です。

 

また、インターネットはソフトバンク光になって

いますが、対応が非常にうさんくさいので、CATVと

合わせてJ:COMに一本化する予定です。

 

【5月6日追記】

J:COMは割高とのクレームが妻からあり、ソフト

バンク光になりました。

工事終了するまで、SoftBank Airを借用でき、そちらの

接続も確認できました。

 

50代おじさんの単身赴任、下のような感じです。

 

 

単身赴任関連記事を、グループ分けして、

まとめ記事として、整理してみました。