2016年3月に復職してから1年2ヶ月、

下記記事で書いたように、目先、年休を

取得しないと決め、山あり谷ありの中

何とか守ってきました。

 

 

今日復職後初めて年休を取ります。

中小企業も悪くないと感じている

事業部ごとファンドに売却されてから

早いもので半年がたちました。

最近、経営者サイドのご努力のおかげで、

徐々に新会社のとして色が出始めました。

 

社内の風通しの良さと、新しいことに

挑戦することを尊ぶ雰囲気です。

言葉だけ見ると、かっこよさそうに見え

ますが、内情は下記のような感じです。

 

会社の厳しい状況を社員全員で共有する

必要があるため。

社名だけで仕事ができていたのが、真逆の

状況になり、生き残りのPDCAサイクル

を回し続ける必要があるため。

 

私的には、こんな状況も悪くないなと感じて

います。

無論、これは私が後3年程度頑張れば良い

おじさんだからで、会社に残った若手は

不安だろうなと思います。

今日は3ヶ月に1度の緑内障診察日

失明原因第一位 私の失敗から学んで欲しい緑内障の基礎知識

上記記事で書いたように、私は日々失明の

カウントダウンの中を生きています。

 

それで今日は3ヶ月に1度の緑内障診察日

なのですが、これまでは、診察を朝一

(9:30)になるよう予約させて頂き、

診察終了が11:00位で、12:45の

午後一出社を続けてきました。

 

今日は人事異動があってから最初の診察

でしたので、従来同様上長に午後出社の

依頼を出しました。

 

すると診察終了後、本社に来ませんか、

グループの仲間に紹介しますとのこと。

実は前の仕事の残務が、非常にタイトで

グループの発足式に出れなかった経緯が

あります。

 

14;00には体が空くとのことなので、

その時間に予約を入れさせて頂きました。

グループ内は、来週大きな展示会がある

ため、準備でバタバタしており挨拶程度に

なりそうです。

復職後初めて年休を取ります

本社で1時間程度過ごして15:00,

会社に戻って出社できるのが16:30、

今日は金曜日なので、自宅に戻る必要が

あり、18:00には退社したいです。

 

というような状況で、無理くり出社する

手もありますが、そこまでという気が

するので、本社から直接自宅に戻ることに

しました。

 

一応本社に出社はするのですが、上記の

ように顔合わせ程度なので、今日は年休

ということにします。

 

休日出勤も散々しているので、代休という

手もありますが、年休の方がすっきり

しているように感じます。

 

復職後6ヶ月間は、出社しつづけることに

意味がありますが、以降はそこまで意味が

ないので、年休を取得する良い機会と

なりました。

まとめ

というわけで、復職から1年2ヶ月、今日

復職後初めて年休を取ることになりました。

復職後、半年間は休まないと決め、そのまま

継続してきましたが、よいきっかけとなり

ました。

 

実際のところは、仕事にメリハリを付けて

上手に年休を散ることは大切です。

今後は、単身赴任ということもあり、家族に

絡めて、上手に年休を使っていこうと考えて

います。