うつ病で休職しているときに、肉体的,精神的に調子が戻ってくると復職を

意識するようになります。

復職経験から学んだ重要3ポイント

上の記事でも触れたように、体調回復と会社働くこととの間にはギャップが

あります。

どのように準備を進めていったよいか、私の経験から紹介します。

生活リズムを整える

休職中は生活のリズムが乱れがちです。

体調が戻ってきたら、生活のリズムを一定にするよう心がけるのが重要です。

できうれば、エクセルシート等で、一日の生活実績を記録しておくのが

望ましいです。

下記は私の休職中前期の生活パターンです。

3:00~       起床

3:00~4:00   室内運動

4:00~6:00   ネットニュースチェック

6:00~7:00   朝食

7:00~9:00   英語学習

9:00~12;00  図書館(30分x2の歩行移動含む)

12:00~13:00 昼食

13:00~14:00 外運動(ジョキング)

14:00~17:00 専門書読み

17:00~18:00 自由時間

18:00~19:00 夕食

19:00~20:00 入浴

20:00~21:00 自由時間

21:00~      就寝

生活リズムを整えることと、外出時間を確保することがポイントです。

お医者様が復職を勧めるよう誘導する

次に復職に向けての対策ですが、お医者様のほうから、「復職を考えて

みませんか」と言ってもらうことがポイントです。

自分からお医者様に、体調が戻ってきたので復職したいというのは、

避けたほうが賢明です。

私の取った手は、毎回提出している生活実績を記録でアピールです。

3:00~       起床

3:00~4:00   室内運動

4:00~6:00   ネットニュースチェック

6:00~7:00   朝食

7:00~7:30   朝の散歩

7:30~9:00   英語学習

9:00~12;00  図書館(30分x2の歩行移動含む)

12:00~13:00 昼食

13:00~14:00 外運動(ジョキング)

14:00~18:00 専門書読み/ソフト作成

18:00~19:00 夕食

19:00~20:00 入浴

20:00~21:00 自由時間

21:00~      就寝

ポイントはベースの生活リズムを変えずに、出勤時間に朝の散歩を

入れた点と、午後の時間を会社仕事内容に近づけたことです。

電車通勤なら、実際の通勤電車に乗って通勤訓練することは、非常に

大切です。

満員電車に乗って移動することは、想像以上に体力をつかいます。

私の通勤は車で5分なので、通勤対応は図書館徒歩通いで、カバー

できているつもりでした。

しかし、通勤時間にそれに対応する行動を取ることが重要視されると

気づきました。

生活実績を記録で生活負荷を上げ、1ヶ月程度続けたところで、

お医者様のほうから、復職を考えてみませんかとのお言葉を頂きました。

復職後は元の職場で半年リハビリすると割り切る

復職はお医者様の復職可診断書→産業医面談→産業医・会社総務・受け入れ

職場対応会議の順で進んでいきます。

ここで問題になるのが、体調が回復することと、職場に復帰して仕事を

することでは、後者の負荷のほうが非常に大きいことです。

そのため会社には、各種の職場復帰プログラムが用意されています。

例えば、最初は出勤だけして、すぐ帰るところから段階的に職場復帰を

勧めていく等です。

私の場合は、残業禁止の通常勤務からスタートしました。

 

ここで重要なのが、半年間はリハビリ期間と割り切ることです。

具体的には、復職先は何も考えず、元の職場にします。

これは、仕事内容が分っていて負荷が少ないこと。

傷ついているとはいえ、人間関係ができていること。

職場も事情が分っているので、諸々考慮してくれたり、少々の無理が

きくためです。

 

次に遅れを取り返そうと無理するのは厳禁です。

いったん休職すると、そのまま、または復職,休職を繰り返し退社する

確率は50%を超えます。

会社側も半年間程度は、特別な期間としてみていますから、自分の体調を

第一にリハビリと割り切りましょう。

自分ことが本当に分るのは、自分しかいません。

同様に、本当に自分のことを大切にできるのは、自分しかいないことを

忘れないで下さい。