休息していたのが体調が回復し、お医者様から復職を

勧められる。

たいへん喜ばしいことなのですが、そこに落とし穴が

あります。

 

皆さんの身の周りにも、復職したのに、しばらくして

また休職してしまう人が、いるのではないでしょうか。

そのような残念なことにならないように、どのような

ことが起こっているのか説明してみます。

体調が回復することと復職とは違う

最初に強調しておきたいことは、体調が回復することと、

復職することは違うということです。

責任感の強いひとほど、徹底的に体調を壊してから休職に

入り、体調が戻ってくると復職を急いでしまうものです。

 

復職するということは、休職の原因となったストレス状態に

再び自分の身をさらすことです。

会社もその点は十分心得ていて、段階的に復職していく、

復職プログラム等のツールは持っています。

 

しかし、大企業であっても、それを個々人に合わせて運用

できる人材は会社におらず、会社の産業医も同レベルです。

 

基本的に、自分のことは自分しか分りませんから、自分が

主体的に回りを誘導していくしかありません。

私が使用した具体例では、休職中に毎日の行動をエクセル

シートに纏め、生活パターンが安定していること、仕事負荷

にも対応できることを示しました。

 

上記により、復職プログラムを残業規制からスタートさせる

ことに成功し、年休扱いの復職プログラムをスキップするよう

誘導しました。

復職の最初は元の職場がよい

体調が戻ってくるに従って、転職するか,配置換えして

もらうか等、悩むところです。

明らかなブラック企業でない限り、復職時は元の職場がよいと

思います。

 

復職から半年程度は、自分の体調,人間関係の修復を含め、

リハビリ期間です。

リハビリ期間とはっきり割り切り、元の職場に復職するのが

有力だと考えます。

 

元の職場なら、人間関係をゼロから構築する必要はありませんし、

経緯が分っているので、多少の無理がききます。

また、仕事内容も慣れている内容を、負荷を軽くしてスタート

できるメリットがあります。

 

転職,配置換え希望は、半年程度のリハビリ期間が終えてから、

改めて考えるのが得策だと思います。

逆に、転職,配置換えのための情報収集をすることは、精神的な

余裕を生むことになるのでお勧めです。

体調に波があることを意識する

復職後に気を付けたい点として、体調の波があります。

よくあるケースは、休職時の遅れを取り戻そうと、体調が良いときに

無理してしまい、体調が下がった時に、非常に辛くなることです。

 

体調には波があり、体調が悪いときには、セーブするでしょうが、

体調が良いときには押さ気味みにすることを、おすすめします。

アベレージを意識することが、重要だと思います。

 

いったん休職すると、そのまま、または復職,休職を繰り返し

退社する確率は50%を超えます。

まず、最初の歳台の目標は、半年間、再び休職にならないことです。

 

半年というのは、会社規則を確認して頂きたいのですが、半年以内に

再び休職してしまうと、最初の休職から連続して休職している扱いに

なるケースが多いです。

 

勤続年数にもよるでしょうが、休息期間が一定期間に達すると解雇と

なります。

下記は解雇となる期間の一例で、勤続年数によります。

 

勤続年数    休職期間

3年未満    18ヶ月

3~5年    20ヶ月

5~10年   24ヶ月

10~20年  30ヶ月

20年以上   36ヶ月

まとめ

・体調が回復することと復職とは違う、職場のストレスは

考えている以上に大きい

・復職の最初は元の職場がよい、復帰後の半年間はリハビリ

期間と割り切り、再休職しなければOK

・体調に波があることを意識し、体調が良いときに絶対

無理をしない

上記3点を意識して、自分を大切にしましょう。

 

 

うつ病の関連記事を、グループ分けして、

まとめ記事として、整理してみました。