単身赴任が決まり、先ずは住環境を整えています。

実際に動いてみると、失敗体験からコツのような

ものが見えてきます。

 

限られた時間の中で、会社のサポート内容を利用して

時間的,金銭的に有用と思われるポイントを纏めて

みました。

今回は2017年5月1日に体験した、家具搬入編

です。

単身赴任といってもあなどれない準備品

下の表に、単身赴任に必要と思われる準備品一覧を

ラストアップしてみました。

家具類はすぐに思い浮かぶのですが、生活をすると

なると、細々したものがたいへんです。

 

妻出勤日の5月1日に、単独で家具類を搬入し、

5月3日に妻の協力を得て、細々としたものを

そろえる作戦にしました。

 

分類 品  名 品  名
電化製品 テレビ エアコン
ビデオデッキ 石油ファンヒーター
冷蔵庫 ホットカーペット
電子レンジ 炬燵付座卓
炊飯器 全自動洗濯機
トースター 掃除機
照明器具 アイロン
ラジオ 電気ひげ剃り
懐中電灯 ドライヤー
パソコン  
   
家具等 ベッド テレビ台
本箱
椅子 衣装ケース
箪笥 小物ケース
座卓 ごみ箱
   
   
寝具類 布団(掛け、敷き) カーテン
夏掛け布団 レースカーテン
タオルケット 座布団
シーツ(掛け、敷き、夏) 床敷物
炬燵布団 パジャマ
枕(カバー付)  
   
   
炊事道具 ガスレンジ お盆
米びつ 洗い桶
包丁 フライパン
まな板 鍋(中、小)
食器(1式) フライパン返し
ピラー お玉
布巾 菜箸
タッパー(冷凍、レンジ用)  
   
   
調味料 醤油 味噌
ソース 胡椒
七味唐辛子
砂糖  
   
   
食器類 小鉢
ナイフ スープ皿
フォーク コップ
スプーン 急須
バターナイフ 湯飲み
茶碗  
どんぶり  
平皿(中)  
平皿(小)  
   
   
台所品 台所用ごみ箱 キッチンハイター
ゴミ袋 食器洗剤
生ゴミ袋 台所洗剤
生ゴミ入れ スポンジ置き台
タオル掛け スポンジ
醤油入れ タワシ
塩入れ  
砂糖入れ  
   
   
洗面品 洗面器 化粧品
洗面用コップ ヘヤーブラシ
歯ブラシ  
歯磨き粉  
   
   
風呂用品 風呂用椅子 ボディシャンプー
洗面器 ヘヤーシャンプー
タオル ヘヤーリンス
バスケット 風呂清掃用洗剤
風呂場用足拭き 風呂清掃用ブラシ
  スポンジ
   
   
洗濯品 バケツ 洗濯干し
竿 洗剤
洗濯ばさみ 襟用洗剤
ふとんばさみ 漂白剤
  ブラシ
   
トイレ品 便座カバー トイレ清掃用ブラシ
トイレットペーパー トイレ清掃用洗剤
消臭剤  
   
衣類 スーツ 下着
コート 靴下
ジャージ 手袋
普段着 セーター
防虫剤 マフラー
   
その他 医薬品 ティシューボックス
裁縫道具 ぞうきん
筆記道具 テーブルタップ
工具 サンダル
玄関マット 室内用スリッパ
靴べら 運動靴
   

会社のサポートを活用する

会社無償レンタル家具

会社が家具レンタル会社を通じて無料で家具を貸して

くれるケースがあります。

私の場合は、冷蔵庫,電子レンジ,証明器具,洗濯機,

カーテン,ガスレンジ,寝具用マットを貸す旨連絡が

あったため、そのまま受けました。

 

レンタル会社を調べると、テーブル、机椅子、テレビ

他様々なものが揃っています。

私は自分で購入する考えてたものが、無料貸し出しで

単純に喜んでいましたが、この点が甘かったです。

 

引き継ぎ等で、諸々多忙な時期ですが、会社の規則を

チェックすると共に、前例を調べて、会社にお願い

してみるべきでした。

関連し、レンタル品や中古品を上手く利用して、

コストを抑えるよう工夫したほうが良かったです。

 

また、レンタル品は搬入,据え付け,片付けまで

やってくれるため、負荷が少ない,梱包品を持ち

帰ってくれるメリットもあります。

引っ越しサービスを利用すべきだった

今回の単身赴任は、県内で2時間程度だったので

会社が無料で対応してくれる引っ越しサービスを

利用しませんでした。

 

レンタル家具も結構あるし、その他ネットで購入

したものも、現地で日にち指定で受け取ればよい

程度に考えていました。

 

ネット画面で見る家具類が送られてくるよう

イメージしていましたが、当然パーツになって

おり、全て組み立てるに6時程度かかりました。

おまけに梱包材の山、資源ゴミの分別出しが

厳しい地区なので、片付くまで一手間です。

 

上記踏まえて、一端自宅で受けて、段階的に

組み立てて負荷を減らす、資源ゴミは慣れた

やり方で大丈夫、単身赴任先で出る資源ゴミは

引っ越しサービスが持っていってくれます。

その他

寝具はけちらない

寝具は毎日使いますし、疲れを取るために重要

ですからけちらないほうが良いです。

最初ネットで調べていると4000円台で一式

そろいますが、さすがにこれではと思いました。

 

この辺りに詳しい妻に、15000円程度の

セット品を提案すると、却下されました。

妻のお勧めは大手寝具メーカの50000台

のものでした。

 

ちなみに現在自宅で使用しているものを聞くと

桁が違っていました。

寝付きがよいとは薄々感じていたのですが、

よいものを利用させて頂いています。

家具組み立てノウハウ

ボックス程度ならよいのですが、重量のある家具を

一人でスパナ,ドライバーで組み立てていくのは

苦行にちかいものがあります。

 

そこで、ちょっとしたノウハウがあります。

組み立てとゴミの選別を同時に行い、簡単なものから

やっていくと良いと思います。

 

資源ゴミを後で纏めて分別整理すると、非常にたいへん

です。

こまめにやることで、休憩を兼ねることになり、作業

効率が上がり、達成感の可視化にも有効です。

 

また、普段やり慣れていない、組み立て作業ですが

2時間程度やっていると、コツが掴めてきます。

元気なうちに大物をという考えかたもありますが、

個人の能力と性格によりそうです。

まとめ

今回の私の失敗と対策を書いてみました。

ご参考になれば幸いです。

 

5月3日は、先ずは、部屋の初期チェックを妻に

やってもらい、その後100均で小物をそろえ、

足りないものはホームセンターという流れに

なりそうです。

 

また沢山失敗,反省しそうなので、別途報告します。

 

 

単身赴任関連記事を、グループ分けして、

まとめ記事として、整理してみました。