4月我々のグループに4人のメンバーが加わりました。

代わりに2人、メンバーからさりました。

1人は異動していきました。

もう一人は私で、少なくとも4月は居残りです。

 

さて、加わった4人ですが、グループ内の事情が分って

いない、上層部の判断で実現しました。

少々、無理筋があるため、ここにきて明暗が分かれて

きました。

我々のグループ事情

我々のグループは、大きく二つに分かれています。

光部品の組み立て,メカを担当する前工程。

回路,ソフト,評価系を担当する後工程です。

私は後工程に所属しています。

 

現状取り組んでいる製品の海外垂直量産立ち上げの

ためには、全体的に人手は不足しています。

特にリソースが不足しているのが、前工程です。

 

理由は、非常にチャレンジングな光部品の組み立てに

取り組んでいること。

また従来は半自動で行っていたものを、フル自動化に

取り組んでいるためです。

 

上記リソース不足を幹部に訴えたところ、4人が

アサインされました。

2週間余を過ぎた現在、各自の明暗がはっきりして

きました。

4人の個々の状況

外部ソフトハウスからの助っ人(30代中盤)

この方は、4月~5月限定で、前工程の自動化ソフト

を手伝うために、加わりました。

我々の製品に対する知識はありませんが、ソフト開発

に関しては、さすがの能力です。

 

要求仕様をコードに落とし込む能力が、非常に優れて

おり、指示者ほうが教えられる場面もしばしばです。

個人的に驚いているのは、7時に出社してくることです。

私が6時出社していることが、前提となっているので

しょうが、ここまで熱心な外注常駐者は初めてです。

私の代わりに異動参加になった方(30代後半)

もともと、我々の製品のユーザだった点、ソフト開発を

継続して続けてこられた、非常に優秀なかたです。

合わせて、中国,タイ等で常駐して仕事をした経験もあり

期待は非常に大きかったです。

 

ただし、糖尿病で2週間に1回通院、その他、1ヶ月に一回

メンタル面の不調(私の推測)で産業医面談をを受けています。

上記を事前調査で踏まえ、私は慎重に対応し、引き継ぎを

相手の反応を伺いながら、進めていきました。

 

この状況を前工程の人が勘違いして、体調は問題ないと判断し、

4月から前工程のソフト開発対応に引き抜きました。

結果、一週間と持たず、ダメの烙印が押され、現在は出社後

机に座ったままで、定時に帰宅するようになってしまいました。

 

先週中頃、勉強のため後工程のソフトを下さいと言われた時には

胸が詰まる思いでした。

私も何とかしたいのですが、今月末本グループを離れる身ですから、

先を保障した動きが取れず、非常に苦しいです。

大御所さん(40代後半)

もともと我々のグループにいた方で、製品を熟知しています。

ラインから外れて、高齢のため他部署に異動になっていました。

4月~5月限定で加わりました。

 

幹部からしてみれば、強力な戦力補強と考えているのでしょうが、

意見は言うものの、実働作業が足りず扱いかねています。

本来、前工程への戦力補強でしたが、ソフト関係では使えない方

なので、前工程では受け入れ拒否となり、後工程についています。

 

豊富な経験をベースとした意見は、さすがと思わせる面もあり、

一応の居場所を確保しつつあります。

中御所さん(40代中盤)

もともと我々のグループにいた方で、製品を熟知しています。

ラインから外れて、高齢のため他部署に異動になっていました。

4月~5月限定で加わりました。

知識的には大御所さんに、若干劣ります。

 

前工程への補強でしたが、この方もソフト開発とは無縁です。

居場所も無いので、定例打ち合わせ以外は、移動前の部署に

常駐しています。

まとめ

もともと我々のグループに在籍していた人は、まだまだいますが、

今回はトップ2が、助っ人にきていることになります。

幹部にしてみれば、最大限の配慮をしたつもりでしょうが、

現場ではワークしていません。

強力補強で5月までに立ち上げの予定が、前工程は、目先、

1ヶ月遅れが確定してしまいました。

 

私の代わりに異動参加になった方は、チーム内の無理筋な

引き抜きにより、非常に可哀想な状況になっています。

引き抜くからには、本人に寄り添った応対をして頂きたい

と切に思います。

 

この程度の異動は、他社でも日常でしょうが、チームも

異動者も幸せにならないケースがよくあります。

それが、会社といってしまえばそれまでなのですが、

残された時間で少しでも良い方向にいくよう、動いて

みます。

 

また、本件の大御所さんのように、いかなる状況で

あろうとも。自分の居場所を見つける、たくましさを

持ちましょう。