3月頭に異動の内示を受けました。

4月は従来の仕事が多忙期のため、継続して従事すること

になりました。

そのこともあてか、異動に関して住環境の整備が全く進んで

いませんでした。

 

私担当分の4月での収束目処が見えてきたため、4月中旬の

週末に、移動先の上長に思い切ってお願いしてみました。

総務部に聞いてみて欲しいと言うこと、当日電話コンタクト

しましたが、担当者多忙で不在でした。

メールを入れましたが、無反応がが火曜日まで続きました。

我が社のルールと現状

事業部がファンドに売却されて以来、総務部といっても、

元会社の出向者1人と、新規採用者2人です。

最初に電話した際も、新規採用者が応対下さったのですが、

難しい事案は分らないとということで、出向者に聞いて

欲しいとのことでした。

 

私の考えていたイメージでは、会社が一般借家を借り上げ、

それを単身者用に貸し出してくれるというものです。

3月頭に出向内示を受けた際は、展開に時間が掛かるため

4月は当面通って欲しいとのことでした。

 

面倒な書類を沢山書いて回さなければならないのだろうと

想像していました。

また、メールに無反応なのは、実質一人で切り回している

ため、優先順位が低いのだろうと推察していました。

実際にコンタクトが取れると驚きの展開

それにしても、金月火で簡単レスポンスがあってもよいの

ではと考え、火に再度電話してみました。

今回は運良く出向者と電話が繋がりました。

忙しすぎて、メールは見ていなかったとのこと。

 

会社の決まりは、想像していたとおり、一般借家を会社が

借り上げ、単身赴任用社宅として提供するシステムでした。

早速、借家を探すので任せて待って欲しいとのこと。

また3月は多忙期だが、4月ならスムーズに動けるとの

ことでした。

 

電話を切って10分もしなうちに、外部の賃貸物件調査会社

から登録した旨のメールがありました。

続いて、担当者決定のメールと嬉しい展開となりました。

一方、移動先の住所と違う県からだったのが、少し気になり

ました。

 

その夜、移動先の受託賃貸会社から、問い合わせの電話が

数件入りました。

外部の賃貸物件調査会社からの相見積もり展開と想定され

ますが、急展開に驚きました。

 

総務の話では、書類手続きは軽微なものとのことですので、

GW前の決定も視野に入ってきました。

これなら、上手くいけばGW中の引っ越しも可能となり、

非常にありがたい展開となりそうです。

 

【4月22日追記】

結果として、5月1日に私が出向き鍵を受け取り、その日に

会社レンタル家具の搬入、ネットの開通

5月3日に妻に手伝ってもらい、住環境の整備をすることに

なりました。

まとめ

最近は、現状の仕事のメールを移動先のメールが上回って

いたので、少々焦っていました。

まだまだ油断はできませんが、今回の急展開はたいへん

ありがたかったです。

 

会社が変ってバタバタ舌状況が続いています。

上長は多忙のため、ついつい遠慮してしまいますが、今回

おもいきって自ら動いて、現状大正解です。

 

またキーマンには、メールが集中しているので、幹部でもない

限り、読まれる可能性は低いです。

急ぎの時は、遠慮せずにダイレクトコンタクトが一番です。

 

現実的には、現状の仕事の海外垂直量産立ち上げには、無理が

あり、どこかで大きな問題が発生すると推察します。

問題が幹部に対して表面化する前に、現職場を離れることが

できるかという、時間勝負の面も残念ながらあります。