将棋プロとAI将棋が対戦する電王戦は、2017年4月と

5月の代表対決2戦で、一区切りとなります。

今回の将棋プロの代表である、佐藤叡王はプロ将棋最高峰

のタイトルである、名人位を保持しています。

 

若さ勢いと合わせて、現状の将棋プロの中で、最強です。

一方、2017年4月開催のの第1戦は、大方の予想通り、

AI将棋の完勝でした。

 

ところで、一時将棋界の全てのタイトルを保持していた

羽生善治も、40代なかばを過ぎ、頭に白いものも目立つ

ようになってきました。

 

絶対的に強い時期は過ぎ、2016年には佐藤叡王に名人の

タイトルを奪われ、AI将棋との対戦者を決める叡王戦でも、

準決勝で佐藤叡王に力負けしています。

 

しかし、それでもなお私は、羽生善治とAI将棋と対戦が

見たいです。

その対局により、AIと人間の共生のヒントが得られると

考えているからです。

AI将棋のブラックボックス化

AI将棋開発者の取り組み

現在のAI将棋開発者は、例えるなら器をつくり、強くなる

部分はソフトの自己学習にまかせています。

器のパラメータチューニングが、開発の仕事です。

 

よって、生み出された強さの本質は理解していません。

強さの指標として、対戦の勝敗により上下するレーティングを

指標としています。

将棋プロの取り組み

現状の将棋プロは、AI将棋が自分より強いことを理解して

います。

しかし、その強さの本質を当然ながら理解していません。

 

よって、AI将棋をブラックボックスとして利用しています。

手が広くて考えるのが難しい局面を、AI将棋に考えさせ、

結果として出てくる指し手を、自分で考え研究し、使えると

なえば実践対局に用いています。

 

ところで、AI将棋はその局面での最善手を考えます。

一方、将棋プロはその局面に至る過程や、将棋を修行する

中で身につけた形を重視します。

 

言い換えれば将棋プロは、AI将棋より制約された条件で

対局してきました。

将棋プロがAI将棋を取り入れることで、随分自由度が

広がっています。

 

言葉を換えるなら、人間とAI共生の利点が出ています。

いずれにせよ、AI将棋をブラックボックスとして使用

する範囲に留まっています。

AI将棋をブラックボックスとしない取り組み

羽生善治は、AI将棋のブラックボックスに踏み込もうと

している希有な存在です。

学会活動

羽生善治は時間を割いて、情報処理学会,人口知能学会

等で、活動しています。

活動は長期に継続化されており、その成果としてと、

人工知能セミナーの講師他で活躍しています。

 

多分、AI将棋の強さの本質に関して、AI将棋開発者,

将棋プロの中で、もっとも理解していると推察します。

圧倒的な人脈を生かした知識

NHKスペシャル | 天使か悪魔か羽生善治 人工知能を探る

上記番組をご覧になった方も、いらっしゃるのではないで

しょうか。

 

番組中で、世界中の幅広いAI開発の最前線を取材。AIが

人間に何をもたらすのかを探っています。

AI将棋を大きく超えた、AIに関するバックグランドを

持っています。

 

下記本は、取材の先として羽生善治が「人間にしかできない

ことは何か」をテーマとした著書です。

まとめ

将棋関係者の中で、最もAI将棋の本質に迫っていると

想像される羽生善治との対局を見てみたいです。

単純に将棋の勝敗を競うだけなら、羽生善治より佐藤叡王

の方が上だと思います。

 

しかし、人間とAI共生の可能性を探るとという面では、

羽生善治に勝る人材はいないです。

対局が実現したならば、その勝敗を抜きにして、対局の

過程を通して、我々に新たな気づきをもたらしてくれると、

確信します。