会社には顔になって表で活躍する人と、裏で支える人がいます。

私は表から裏に、軸足を移しています。

若い時は先輩を支え、次第に表で中心になって活躍し、年を重ねたら

経験を生かして、後輩を支えるのです。

 

一方、入社時から、ずっと裏方として支えてくれている人がいます。

特に試作時やトラブル発生時に、細かくて高度な作業を、柔軟に

対応してくれます。

我々のグループも2人いらっしゃいますが、2人がいないと全く仕事が

回りません。

裏方さんは人を見ている

裏方さんは、利害がからまない安心感があり、話しやすさから、グループ

内の情報が自然と集まっています。

よって、グループ内の個人情報を、非常によく知っています。

 

裏方さんは、表面的には非常に温和で、誰にも平等に接しているいる

ように見えます。

しかし、冷静に観察すると、個々人別に対応を変えています。

極端な例では、プロジェクト立ち上げのキーの時期に、休暇をとられて

潰れたプロジェクトもあります。

裏方さんと良好な関係を保つことはとても大切

裏方さんと良好な関係を保つことはとても大切です。

頼み仕事を優先順位を上げてやってくれたり、時には、多くの経験から

得られた知見から、思わぬよいアイデアをいただけることもあります。

 

また、グループ内の個人情報を驚くほど詳しく把握しているので、

本人直接聞くには、ためらいがある情報も、収集することが可能です。

私は朝の挨拶から始まり、裏方さんの仕事の切れ目に合わせて、

肩をもみながら、たわいもない会話を重ねるように努めています。

所属事業部ファンド売却の影響

⇒所属事業部がファンドに売却されてしまった

現在、私たちのグループは、新製品2つを量産に向け立ち上げています。

細かな問題が沢山出て、その対策に追われています。

裏方さんに一番頑張っていただく、重要な時期です。

 

ファンド売却は裏方さんにとって、非常にショックだったようです。

安定した会社勤めをベースに、家族をとても大切になさっています。

家を建て家庭を安定させ、休日に小学生のお子様のクラブ活動を

サポートするのを、とても楽しみにしていらっしゃいました。

上記の「安定した」の部分が、いきなり無くなってしまったからです。

 

40才過ぎとまだお若いですが、頭に白いものが目立つようになり、

体調が優れなく休みがちになってしまいました。

現在取り組んでいる、新製品開発・顧客販売から投資を回収し、資本を

回転させることが、安定に向けて、目先何より需要です。

 

微妙で不安定な心理状況は非常によく分るので、メンタルサポートに

勤めました。

まだまだですが、最近は毎日出社して下さるようになりました。

老兵の勤めとして、グループの下支えに尽力したいです。