2018年に入り、単身赴任生活は8ヶ月を

経過しました。

月末を除いて、週末は土曜日に自宅に戻り、

日曜日は社宅に復帰する生活です。

 

 

 

当初は上記目標をもって開始しましたが、

最近は早朝が暗いので、ジョギングをウォー

キングに代えた他は、継続しています。

 

8ヶ月の単身赴任生活で、得たもの,失った

ものを簡単に纏めています。

 

得たもの時間・健康

時間関連

当初、電車・バス通勤にするか、単身赴任に

するか迷いました。

最終的には、時間を優先して単身赴任生活を

選択しました。

 

 

電車・バス通勤は2時間強ですので、社宅

住まいの徒歩通勤15分は大きいです。

また、朝食・お弁当を作ってもらうのを待つ

制約もなくなり、生活の自由度が増しました。

 

上記を受けて、5:00~18:00を基本

出社時間とし、必要に応じ前後に伸ばしました。

繁忙期は、2:00出社という荒技も使えたため、

仕事に遅延を起こすことはありませんでした。

 

また、習慣とは恐ろしいもので、朝多少調子が

悪くとも、気付けば朝食・お弁当ができあがって

おり、誰がやったのか不思議に思うこともよく

ありました。

 

朝早く出社することは、誰でもできる簡単なこと

ですが、毎日となると数名に限られます。

また、飲み会を除いて自炊を継続しましたが、

単純なことですが、継続できる人は少ないです。

 

健康関連

3食自炊で栄養バランスに気を使った点と、

通退勤を含めた一日1時間程度の軽い運動を

継続することができました。

 

 

当初は上記で紹介した、ダイエットと悪玉

コレステロール減らしに挑戦しました。

上記は現在も継続して挑戦中です。

 

規則正しい生活を続けた最大の効果は、半年

程度経過した頃、睡眠に現れました。

 

ここ15年ほど、一日4時間程度しか睡眠

時間を取れなかったのですが、7時間睡眠

できるようになりました。

 

積もりに積もった睡眠負債はそう簡単に

返せるものではありませんが、睡眠時間を

取れるようになったことは、今年の何よりの

成果となりました。

 

 

結婚して20年、ゴミ捨てくらいしかできま

せんでしたが、家事は一通りこなせるように

なり、買い物に対する金銭感覚がするどくなった

のも得たもののうちでしょうか。

失ったものお金・視覚寿命

お金関連

単身赴任に決めたことを、関係者に話した時に

「お金あるなー」と言われたことがあります。

確かに、月3万円程度の持ち出しとなっており、

家計に負担が掛からないよう、私の手持ち金で

補填しています。

 

出は社宅代1万円(残りは会社補助)、生活費

5万円程度(食費・光熱費・交通費他)です。

入りは単身赴任手当3万円と月1回分の自宅往復

交通費です。

 

一日3時間20日分60時間を、3万円で

買ったとすると、時間あたり500円、安い

ですね。

私的には正解だと考えます。

 

視覚寿命関連

仕事がらモニタを見続ける時間が長いため、

緑内障進行による失明までの時間は確実に

削ってしまいました。

 

 

特に上記で紹介したように、緑内障に対する

知識が不足していたため、左目の視神経に

不必要なダメージを与えたのは失敗でした。

 

いづれにせよ、仕事で成果を得るのとの

トレードオフですから、なるべく失明を

先延ばしにするよう、工夫したいと考えて

います。

 

まとめに代えて

2018年4月からは長女が大学3年生,

長男が大学1年生と、私の一生の中で

短期間に最も支出が大きい時期に入ります。

 

子供が生まれたときから分っていたこと

ですので、備えはできていますが、その

ベースとなる収入を維持すべく、

もう一踏ん張り必要そうです。

 

 

上記記事の会社大変革の時期が1年後に

あたります。

一年一年、もがきつつ凌いでいきたいと

考えます。