一説によると、現代人は、江戸時代に暮らした

人が一生かかって手に入れる情報を、たった

1日で得ているといわれています。

 

パソコンやスマートフォンなどを一日中使う

のが、当たり前になっているような現代に

生きる私たちが、毎日、膨大な量の情報に

触れているのは間違いありません。

 

そのため目の疲れが蓄積し、20〜30代で

すでに老眼の症状や目の不調が出る若い人も

たくさんいます。

これが進行すると、目のみならず慢性頭痛

まで引き起こす場合が少なくありません。

 

いわんや40〜50代をやで、私などは

緑内障も絡んで、いかに目を大切に使う

かが深刻な課題になっています。

 

 

専門家の意見で「生活習慣を整えることで、

今感じている目のトラブルをやわらげ、

よい状態に導くことができる」そうです。

 

目をよくするための対処法を、簡単な

エクササイズも交えて紹介します。

 

目が悪くなる大きな原因は「酸素不足」

近年、目のトラブルが増え続けています。

ディスプレー画面や手元ばかりを見つめる

生活が、目を疲れさせる大きな原因となって

います。

 

しかし、それはあくまでもライフスタイルの

変化から受ける外側からの影響です。

目の悩みが深刻になる背景には、内側からの

原因も大きいのです。

 

体の内側から起こる最大の原因が「酸素不足」

です。

目が酸素不足になる理由には、いくつかあり

ます。

 

まず、目を酷使すると目のまわりの筋肉が

こり固まり、血流を滞らせてしまうことです。

なにかを凝視する作業が増えると、まばたき

する回数が減り、目の表面の酸素不足が

進みます。

 

目だけでなく、体全体を動かす機会が

少なくなり、血行が滞りがちなことも

挙げられます。

 

酸素は血液に乗って全身に運ばれますから、

座った仕事が主体であったり、運動不足の

生活では、血流が滞って酸素が不足して

しまいます。

 

呼吸が浅くなりがちなことも、酸素不足に

なりがちな理由の1つです。

スマートフォンやゲームに夢中になり、

うつむいてばかりいると胸や肺が圧迫

されて、深く息ができなくなります。

 

また、ストレスによって緊張状態が

続いても呼吸が浅くなってしまいます。

呼吸が浅いということは、我々が考える

以上に体にとって大きな負担となって

いるのです。

 

なぜなら、呼吸が浅くなると末梢の血流が

激減してしまうからです。

血流が滞ると、細胞に必要な酸素と栄養が

行き渡らなくなってしまいます。

 

特に、目のように細かい血管が集中している

部分は、血流の影響を大きく受けます。

さらに、交感神経ばかりが活性化していると、

血管が収縮しますから、追い打ちをかける

ように血流が衰えて、酸素不足になって

しまうのです。

 

目の血流を促す

激しい運動をした後、筋肉が熱を持ったり、

炎症を起こしていたりするときは、反応を

落ち着かせるために、まず筋肉を冷やす

のが鉄則です。

 

プロ野球のピッチャーが、試合終了後の

ヒーローインタビューなどで、肩を冷やす

「アイシング」をしている様子を、テレビ

などで見たことがあるかたも多いでしょう。

 

しかい、アイシングはあくまでも、上がり

すぎた筋肉の温度を、一時的に下げる

ためのものです。

 

筋肉が炎症を起こしていないかぎり、

逆に温めて血行をよくしたほうが、

疲労の回復が早まります。

 

目のまわりの筋肉も同じです。

むくんだり、充血したりしているときは、

一時的に冷やすの一策です。

でも、冷やすのはあくまでも応急処置と

考えてください。

 

手足が冷えてこわばると、なかなか思うように

動かすことができませんが、目も冷えが続くと、

全般的な機能が衰えてしまいます。

 

血液は、熱の高い部分では温められ、低い

ところでは熱を放出して、体温を保つのに

役立っています。

 

こうした働きから、血流が悪い部位には

冷えが生じます。

別の言い方をすると、冷えやすい部分は

血流が滞りがちになります。

 

血流が滞って冷えてしまうと、ますます

血流が悪くなります。

目は、外気に触れているため、冷えやすい

体のパーツのひとつです。

 

だからといって、お風呂に入っても、

目を湯船につけるわけにはいきません。

日本人の失明原因の1位である緑内障も、

進行を遅らせるためには、血流を促す

ことがとても重要なのです。

 

いずれにしても、根本的に目の機能を回復

させようと考えるのであれば、血流を促して、

「目を温めること」が大切です。

 

体をストレッチすると、血行が促されて、

伸ばした部分が温かくなりますが、

目の筋肉にも同じことが起こります。

 

近距離でパソコンやスマートフォンの画面を

凝視しがちな目も、気づいたときにストレッチ

すると筋肉がほぐれ、血流が促されてポカポカ

と温まります。

 

ストレッチで目の血流改善

ここで、いつでも、どこでも、簡単に

できる目のセルフケアを紹介します。

仕事中でも自宅にいてリラックスして

いるときも、気がついたときにサクッと

できるものです。

 

ここで紹介するストレッチはすべて、

メガネやコンタクトレンズをつけた

ままで大丈夫なものです。

 

「遠近トレーニング」内眼筋ストレッチ

目のピントを合わせる毛様体筋は、近くを

見るときにギュッと収縮し、遠くを見る

ときには緩みます。

 

私たちの日常生活では、パソコンやスマート

フォンの画面など、近くを見つめること

ばかりで、毛様体筋は縮こまっています。

 

そこでふと気がついたときに遠くと近くとに

交互にピントを合わせて、硬くなった毛様

体筋をストレッチしであげましょう。

【遠近トレーニング】
. 片手を前にまっすぐ伸ばし、親指を立てます。
2. 親指から一直線で見える位置、3メートル
 くらい先に目標物を決めます。
3. 親指の爪と対象物とを1秒ずつ交互に
 しっかり見ます。

「指スライド」外眼筋ストレッチ

目の奥から、滑車のように目の位置を支えて

いるのが、6本の「外眼筋」です。

目をぐるぐるまわしたり、寄り目にしたりと、

眼球の位置を変えるときに使われます。

 

【指スライド】
1. 片手を前に伸ばし、親指を立てて、爪の位置が
 目と目の間の延長線上にくるようにします。
そこで、親指の爪を1秒凝視します。
2. 次に、腕を伸ばしきった半分の位置で親指を
 止めて、1秒凝視します。
3. 最後に、顔にできるだけ近い位置の目と目の
 間に、片手の親指を立てて寄り目にして、
 1秒見つめます。

 

もし、あなたが「いつも目が疲れてショボ

ショボしている」「ものが見づらい」と

いった目の悩みを抱えているなら、ぜひ

ご紹介したエクササイズや生活習慣を

とり入れてみてください。

 

ひとつひとつは、わずか10秒でできる

ものです。

また、目をやすめるというと遠くの緑を

見つめてというイメージがありますが、

近距離で十分効果があります。

 

私が合せてやっていること

私が実践している目の周辺の血行をよくして

目の疲れを防止する方法を、 をいくつか紹介

します。

 

目のツボ指圧

いつでも、どこでもでき、眼病予防効果

高いといわれています。

私は、昼休み・15:00・18:00に

習慣化してやっています。

 

 

 

強いまばたき

単純ですが、ほんの数秒で目の血行を

回復する効果があります。

私はモニタ仕事が多いので、30分に一回

実行するよう習慣付けています。

 

蒸しタオル

目を温めて、血行をうながすものです。

昼休みはなどは、強制的に目を休ませる

ために実践しています。

 

お金は掛かりますが、ホットアイマスク

などもお勧めです。

私は寝る時には、ホットアイマスクを

することを習慣にしています。

 

また、単純に両手をすりあわせて温めて

から、まぶたの上に置くだけでも効果が

ありますので、いろいろ自分に合った

やりかたで試してみて下さい。

 

目の日光浴

目を温めるとともに、光の刺激が目を強く

するといわれています。

休日にらんにんぐをを兼ねて実行しています。

 

一方、紫外線を目に入れることは、視神経に

良くない面もありますので、ご注意下さい。

 

まとめ

目はもっとも重要な体の一部です。

目の健康を気づかうことは、体全体を若々

しく健康にすることにつながります。

 

「もう年だから」

「どうせ治らないから」

 

そんなふうにあきらめないで、ぜひ、

目と体の若さと健康を気遣いましょう。

 

また、本当に自覚症状が出る前の事前

予防がとても大切です。

仕事の気分転換を兼ねた生活習慣として、

こまめに実践してみて下さい。