うつ病は風邪と同じで、初期段階に対応することが重要です。

風邪なら症状からすぐ分りますが、うつ病は分かりにくいです。

しかし、体はSOS信号を出しているので、これに気づくことが

大切です。

 

うつ病の症状のチェックすリストを纏めてみました。

うつ病の初期状態で、症状をチェックすることができれば、重くなる

ことを避けうる可能性が高まります。

 

また、自分だけでなく、家族や仕事仲間の軽いうつ状態を発見する

ことが大切です。

まじめで義務感が強い人ほど、うつ病になりやすくて、自分の中に

抱え込んで、煮詰まっているケースが多いです。

 

このチェックリストと症状を見て、当てはまるようでしたら、まずは

軽く声かけしてみて下さい。

私の経験上、ちょっとした声かけにより、少々おおげさですが、命を

救われたり、救ったことがあります。

 

では、うつ病のチェックリストを確認しましょう。

うつ病のチェックリスト

うつ病のチェックリストを紹介します。

まずは、WHО(世界保健機構)のICD-10です。

直近2週間を振り返り、当てはまってるかどうかを見てください。

大項目

  • 憂うつな気分
  • 何をしていても楽しくない、また、何かをしようという気がない
  • 疲れやすいうえ、何かをするのがおっくう

小項目

  • 集中力と注意力が減った
  • 自分は大したことがない人間だと思い、自分に自信がない
  • 価値あるモノなんて何もないと思い、罪の意識もある
  • 将来に希望がないと思い、悲観的な気分だ
  • 体を傷つけたり、叩いたり、自殺することを考えたり、試した
  • 寝つきが悪い、夜中に目が覚める、目覚めが速い
  • 食欲がない

上のリストを、対応か非対応かでチェックしてください。

対応の数が、

  • 大項目2つと小項目2つ   軽症
  • 大項目2つと小項目4つ   中症
  • 大項目すべてと小項目4つ  重症

2週間くらい、こういった気持ちが続いていたら、うつ病初期です。

他のサイトで紹介されているうつ病の症状を紹介します。

  • 疲労感が抜けない
  • 周りの音が気になる
  • 眠れない
  • 朝起きても、気持ちが暗い
  • 今まで見ていたTV、映画を見ても、音楽を聞いても楽しくない
  • 人と話したくない
  • 肩やくびすじ、背中がこる
  • ときどき頭痛がある
  • 食欲はないし、食べてもまずい
  • 不安になったり、イライラすることが多い
  • 何をする気にもならない
  • 生きていること自体、辛く感じる
  • 腹痛、下痢がひんぱんに起きる
  • 孤独感、寂しさや悲しさを、感じることが多い
  • 今までしてきた仕事がとてもいやになった
  • 胸が苦しかったり、のどの奥に何かがあるような気がする
  • まじめで義務感が強い方だ

こんな症状が多く出ていたら、うつ病初期を疑いましょう。

 

だれでも、2~3個くらいは当てはまりますので、その程度なら

気にすることはないです。

しかし、半分以上当てはまるようでしたら、早めに専門機関に

相談した方が良いと思います。

 

また、うつ症状は自覚症状より、身近な家族のほうが気づきやすいです。

次に、家族から見るポイントを紹介します。

家族から見るポイント

(1)最近1ヵ月の疲労、ストレス症状テスト

ほとんどある、時々ある、よくある、の3つに分けてください。

  • イライラしているようだ
  • 不安そうだ
  • 落ち着かないようだ
  • ゆううつそうだ
  • 体の調子が悪いようだ
  • 物事に集中できないようだ
  • することに間違いがあるようだ
  • 強い眠気に襲われるようだ
  • やる気がでないようだ
  • へとへとのようだ
  • 朝起きた時、疲れが残っているようだ
  • 以前と比べて、疲れやすいようだ

そして、「ほとんどない」は0点、「時々」は1点、「よくある」は

2点で計算してください。

(2)最近4ヵ月の働き方と休養テスト

当てはまる数をチェックしてください。

  • ほとんど毎晩10時に帰宅する
  • 休日も仕事の事が多い
  • 家に仕事を持ち帰ることが多い
  • 宿泊を伴う出張が多い
  • 仕事の事で悩んでいるようだ
  • 睡眠時間が不足しているように見える
  • 寝つきが悪かったり、夜中に目が覚める事が多いようだ
  • 家でも仕事の事が気にかかって仕方がないようだ。
  • 家でゆっくりくつろいでいることはほとんどない

では、診断です。

  • (1)が10点未満、(2)が3個未満   低い
  • (1)が10点未満、(2)が3個以上   やや高い
  • (1)が10点以上、(2)が3個未満   やや高い
  • (1)が10点以上、(2)が3個以上   高い

一番下のレベルになっていたら、対応を起こす必要があります。

 

いくら忙しくても、楽しく仕事をしていればいいのですが、休養を

全くとらなければ、いやになってきます。

それが、悪循環になっていって、最悪の場合、うつ状態になります。

そうなる前に、家族とか仲間で、いい方向に持っていくべきです。

うつ病を予防するために

うつ病、うつ状態は、なった人しかその苦しみは分かりません。

周りの事情を知らない人から見ると、さぼってる、やる気がないなど、

マイナスに見られる場合もあります。

 

少しでも、おかしい感じたら、早めに対処が重要です。

「私は大丈夫」「うつになんかなる訳がない」と思う人が、誰にも

言えなくて、悪化していってしまいます。

 

まじめですから、最後のぎりぎりまで、こらえてしまうためです。

ですから、なるべく早く、一番身近な人に話すことと、行動を起こす

ことが大切です。

 

その行動とは、2つあります。

  • 休む
  • 運動する

まずは、休むということ。

自覚症状がある人は、働き過ぎ、もしくは、人間関係が非常に悪い

ところにいます。

 

ここはいったん、それらから距離を置くのが得策です。

会社の仕事でしたら、何か理由を付けて休めばいいのです。

人間関係だったら、まずは距離をとってみて下さい。

 

次は、運動することです。

うつ状態の人の症状は、運動不足の人と症状が似ています。

また、多くのお医者さんも、朝日を浴びて運動をすることが大切だと

話されています。

 

まずは、30分間程度、歩いたり,ジョギングするのが適当です。

ただし、以下3点の留意が必要です。

  • がんばらない
  • 目線は、水平よりもちょっと上を保つ
  • 腕を大きく振る

頑張ってしまうと続かないし、いきなりの過剰な運動は、逆に体を

壊します。

うっすらと汗をかく程度、軽い有酸素運動がベストです。

 

 

うつ病の関連記事を、グループ分けして、

まとめ記事として、整理してみました。