うつ病はまじめ、責任感が強い等の本人の

性格が起因していることが多いです。

そのため、体がSOSを送っているのに

我慢してしまうことが多いです。

 

その結果、相当レベル悪くならないとうつ病に

向き合えないケースが多いです。

私自身は子供のころから性格的に過緊張であり、

うつ病のポテンシャルが大きかったです。

うつ病歴30年

私は入社1年目から、抗不安剤(デパス)

を処方されるようになり、社会人生活

30年が、そのままうつ病歴となります。

2016年には休職,復職も経験しました。

うつ病のきっかけ

入社1年目に動画,静止画,音声他多種の

メディアを使用して遠隔通信会議を行う

システム試作プロジェクトに参加しました。

 

私の担当分はオンスケジュールで終え、

その後、基本特許作成をおこないました。

そこまでは、問題なかったのですが、次に

遅れている担当者をサポートするのが、

上手くいきませんでした。

 

当時は、現在ほど柔軟性がなく、相手との

折り合いが上手くつかなかったためです。

私は精神的に衰弱していきました。

 

その時の課長がよくできた人で、産業医の

ところに連れて行ってくれました。

そこで、デパスが処方されました。

デパス(精神安定剤)の効用

デパスにより、精神面が楽になったことも

ありますが、うれしかったのは、子供の頃

からひどい肩こり症だったのが、直った

ことです。

 

私の場合は、ベースとして過緊張症の体質が

あることが分りました。

以降30年デパスを処方を受け続けました。

うつ病休職

2016年1月に、うつ病で休職することに

なりました。

 

 

ここで難儀したのが、お医者様が処方してくる

抗うつが全く体に合わないことでした。

朝飲むと午前中は気分の悪さが続く、夜飲むと

眠れなくなりました。

 

2週間程度飲まないと、効果が判らないとの

説明で、我慢して飲み続けましたが、一向に

慣れませんでした。

私は段階的にデパスのみの処方に、先生を

誘導できました。

合わない薬は避ける

合わない薬は、避けるべきだと思います。

最悪なのは、薬により新しい症状が出て、

それを抑えるために新しい薬が処方される

ことがよくあることです。

 

相手が医者でも、症状は千差万別です。

自分の主治医は自分という自覚を持って、

不要な服薬は避けましょう。

うつ病復職

うつ休職した時点で、うつ病歴が30年

近かったため、自分の体調コントロール

することができ、何とか2ヶ月で復職

できました。

 

 

 

チェックと付き合い方

ストレスの多い社会ですから、誰もが

うつ病になるリスクを抱えています。

最悪なのは、自分の体と精神が徹底的に

壊れるまでがんばってしまうことです。

 

体はSOS信号を送ってくれています。

他の病気と同じです。

早期発見,早期治療がとても大切です。

したのチェッ事項を参考にしてみて下さい。

 

 

また、うつ病は本人の資質に根本原因が

あることが多いため完治が難しいです。

そのため、上手く付き合って行くことが

大切です。

下記記事を参考に、上手く付き合うことを

考えてみて下さい。