うつ病で休職するにあたり、それ以前に通院していた心療

内科クリニックから、会社指定の精神科病院に通院する

ことになりました。

 

精神科病院という名称から、心の敷居が心療内科クリニック

よりも高く感じました。

実際、通院なさっている患者さんも、重度の患者さんが多い

です。

 

但し、診察内容に差があるようには、感じられません。

実際のところどうなのでしょうか。

そもそも心療内科クリニックって

心療内科・精神科・神経内科

心療内科は主に心身症を扱う部門です。

心身症は身体疾患ですから、身体の症状が対象という

ことになります。

 

精神科は精神疾患を専門に扱う部門です。

わかりやすく言えば心の症状、心の病気を扱う部門である

ということです。

心の症状とは、不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、

幻聴、妄想などのことです。

 

神経内科は脳神経系の疾患を取り扱う部門です。

脳血管障害やパーキンソン病、ニューロパチーなどの神経の

病気を扱う部門です。

心療内科クリニック

上の説明からも分るように、心療内科でうつ病等の精神科の

診察は範疇外です。

しかし、よく町の開業医(クリニック)で、心療内科クリック

という病院名で、実際は精神科ということがあります。

 

なぜそうなるのかというと、精神科とすると患者さんの

精神的な敷居が高く、患者さんが来にくいからということの

ようです。

 

実際に私もそう感じていましたし、両方に通院した経験から、

患者さんの層も違います。

正しい受診科の選択例

心療内科

身体の症状がメインだが、検査をしても異常がない、あるいは、

経過からストレスなどが関連していると思われる場合。

最近ストレスを強く感じることがあり、それ以降身体の調子が

悪くなったが、それ以前は全くそんなことがなかった場合。

精神科

不眠や不安、イライラ、抑うつ、幻覚など、心の症状が主な

症状である場合。

神経内科

身体の動きがおかしい、ふるえる、傾く、力が入らないなど

神経の異常が疑われる場合。

内科

身体の症状と心の症状が同じくらいあり、どちらが主か区別が

つかない場合。

先ずは、器質的な疾患に問題が無いか確認するのが目的。

 

もちろんこれ以外にもいろんなケースがあります。

また、施設によって独自の事情もあるので、これが全てに当て

はまるというわけではありません。

 

実際には選択に迷うことも考えられます。

そんなときは、無駄足を運ぶ前に、まずは医療機関に電話で

問い合わせをしてみることを、お勧めします。

まとめ

病院サイドの思惑により、心療内科クリニックという言葉が

誤解を招く使われ方をされています。

患者さんが混乱しないように、正しく言葉が使われることが

望ましいと考えます。

 

精神科という名前がよくないならば、より親しみやすい名前に

変えるのが適切だと思います。

例えば、心理科とかどうでしょうか。