ここ2年の人間ドックで、悪玉コレステ

ロールの値が、正常範囲より大きくなって

いるのが気になっていました。

悪玉コレステロールに関しては、上の

記事で紹介しています。

 

単身赴任で自炊を始めたたため、自分の

好きな食材を選べたり、生活習慣を自由に

できることを利用して、ダイエットに加え

悪玉コレステロール減らしに挑戦して

います。

 

挑戦開始から3ヶ月半後に人間ドックが受診

でき、単身赴任生活での成果が分りました。

生活習慣で心がけたこと

運動面

毎朝食事前に30分程度(5km)の軽い

ジョギングを行いました。

 

 

合せて社宅から徒歩通勤しました。行きは

上りで1.5km、帰りは下りで1.5km+

1.0km(食料買い出し)です。

所要時間は40分程度です。

 

せっかく40分も歩けるので、革靴ではなく

ジョギングシューズを使いました。

こころもち大股で、大きめに腕を振るように

するなど、運動効率にこだわりました。

食事面

野菜を積極的に取ることと、味噌しるの具を

利用して、コレステロールを減らすのに有効

といわれる水溶性食物繊維を採るようにし

ました。

 

野菜としては、カリフラワー、ブロッコリー、

にんじん、ごぼう、おくら等

海産物としては、昆布、ひじき、わかめ、

その他、こんにゃく、しらたき、切り干し大根

等を積極的に食べました。

 

また、途中までは1日の食品数にこだわって

いたのですが、食事のバランスがとれていれば

気にしすぎることはないことが分かりました。

 

またタンパク質は、肉より魚を採るように

したり、植物性にしました。

但し、バランスが重要で、極端にかたよらない

よう注意しました。

ダイエット + 悪玉コレステロール減らし成果

ダイエット

体重は2kg減でした。

体脂肪率は21%から19.5%と、推奨値

14.0~21.0%の上限から正常値に入って

きました。

 

また内臓脂肪面積は、98.0cm^3から

85.5cm^3と、正常範囲とされる

100cm^3に対して、余裕が広がり

ました。

 

関連して、動脈硬化年齢は30代となり

毎日の徒歩通勤の効果が観られました。

ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれており、

ここの筋力が上がることは、健康上非常に

有益です。

 

我々の年になると、急激な体重の増減は

好ましくありません。

日常生活の中で、代謝を上げるよう努力し、

現状キープか少しずつ改善していくのが

良いと考えます。

悪玉コレステロール減らし

ここ数年130~138mg/dlと正常範囲

とされる63~119mg/dlを上回って

いました。

今回の結果は110mg/dlとなんとか

正常範囲となりました。

 

また、善玉コレステロールは60mg/dlで

ほぼ変化なく、正常範囲とされる40mg/dl

以上で、善玉コレステロール改善による反動は

ありませんでした。

まとめと今後の対応

単身赴任で自炊を始めたたため、自分の

好きな食材を選べたり、生活習慣を自由に

できることを利用して、ダイエットに加え

悪玉コレステロール減らしに挑戦して

います。

 

運動面と食事面を見直して、3ヶ月半改善を

試みました。

結果、人間ドックにおいて、2kgの減量、

悪玉コレステロールの正常範囲入りを確認

できました。

 

今後は習慣化された運動習慣・食生活を継続

して、ゆっくりと効果を確認していきたいと

考えます。

 

合せて今後は、自重を利用した体幹を鍛える

運動を取り入れたいと考えています。

現状維持を目的に、毎日地道にこつことと、

気長に取り組んでいく予定です。

 

【20170824追記】

なんと、悪玉コレステロールも中性脂肪も

下げる必要なし!という説を、本日見つけて

しまいました。

ご一読頂けますと幸いです。

 

 

 

単身赴任関連記事を、グループ分けして、

まとめ記事として、整理してみました。