2017年5月11日(木)より、単身赴任生活が

スタートしました。

といっても、初日は自宅から電車とバスで職場に

移動しました。

 

5月11日(木)こそ借上げ社宅に泊まったものの、

5月12日(金)は、終業後に自宅に戻ったため、

ほとんど単身赴任先で生活できませんでした。

いきなりの大失敗

5月11日(木)は20:00~21:00指定で、

自宅から社宅に送った衣類他を受け取ることに

なっていました。

 

19:00には社宅に戻っていたのですが、

夕食,お風呂後に寝具でくつろいでいたのが

間違いで、寝落ちしてしまいました。

 

目覚めたのは1:00、再配達を頼めるわけも

なく、その週での受け取りをあきらめました。

一番痛かったのは、ネットワーク回線が確保

できなかったことです。

 

光回線の工事は5月25日なのですが、それまで

無料で借用できるSiftBank Airを、宅急便で送って

いたため受け取れませんでした。

 

スマホでのデザイリングは、充電切れと充電ツール

も宅急便中、コンビニに充電ツールを買いに行く

までもないとあきらめました。

 

当初は5月15日(月)に自宅から会社に移動する

予定でしたが、5月14日(日)午後から社宅に

移動し、生活環境の最終立上げを含め、リカバー

できました。

新生活での就業時間変化

従来は、8:25~17:00が定時でした。

実際は6:00~18:00をベース時間とし、

必要に応じて帰宅時間を遅らせていました。

 

これは私が朝型ということもありますが、

夕に家族の時間を確保するためです。

朝はみんなバタバタしているので、夕を

選んでいました。

 

新職場では、9:00~17:35が定時と

なります。

朝早く出社しても問題ないのですが、さすがに

最初から建て屋で一番出社は、抵抗があります。

 

また、一人暮らしなので、家族の時間を意識

する必要がなくなりました。

そこで、この状況を利用して二つの変化を

試みることにしました。

変化1 早朝ランニング

これまでは早朝出社のため、ランニングは土日に

まとめて行っていました。

ランニングの効果アップを考えると毎日走った

方が効果が大きいです。

 

脳を効果的に鍛えるためには、運動強度60~

80%のランニングを1日20~30分×週3回

×3カ月という基準で行うのが最も効果的です。

 

よって、毎朝30分程度軽くランニングする予定

です。

町を覚えるために、毎日コースを変えながら、

実践してみます。

変化2 3食自炊

これまでは、食事作りは妻に任せてきました。

独身のころは、必要に応じて自炊していました。

結婚して20年間、料理作りからすっかり

ご無沙汰状態です。

 

ところで、料理をつくることは、手順を考え

ながらおこなうため、ボケ防止に効果がある

ことが知られています。

 

また、外食では栄養のバランスを取るのが

難しく、どうしてもコスト高になって

しまいます。

 

自炊の内容は、会社からの帰りに食材の

買い出し、

朝に一日分のご飯を炊き、朝食とお弁当

作りといった感じです。

 

最初から張り切りすぎても続きませんから、

無理せずスロースタートする予定です。

まとめ

単身赴任の新生活がスタートしました。

50才を過ぎると、環境の変化は辛い面も

ありますが、変化はチャンスと考えて、

取り組んでみたいと考えます。

 

具体的には、毎日の早朝ランニングと3食

自炊を実践する予定です。

張り切りすぎると無理が来るので、状況を

みながら柔軟に対応してみます。

 

 

単身赴任関連記事を、グループ分けして、

まとめ記事として、整理してみました。