「最近まったくヤル気が出ない」「気分が落ち

込む」「ちょっとしたことでイライラする」。

仕事をする意欲がわかず、なにもかもおっくう

で、「オレって、ひょっとしたらうつ?」と

ひとり悩んでいる方も多いのではないで

しょうか。

 

実際、日本の気分障害の患者数は、1999年の

44万人から、2014年には112万人に急増

しています。

 

会社でもうつ病を発症する人が多く、ビジネス

パーソン全体の3%がうつともいわれています。

いまやうつ病は、ビジネスパーソンにとって

きわめて身近で深刻な病気となっています。

 

だが、「ヤル気が出ない」といったうつ症状の

原因として、うつ病以外のもうひとつの病気の

可能性を指摘する医師が増えています。

 

男性ホルモン(テストステロン)低下による

「男性更年期障害」が、深刻なうつ症状の原因

となっています。

 

女性更年期のように広く認知されていないが、

男性更年期障害が40代以上のビジネスマンに

急増しています。

 

最近注目を集めはじめた、この男性更年期障害の

実態と正しい対処法を解説します。

 うつ病と思い込んでしまうケースも

男性更年期障害の症状には個人差がありますが、

中には体調不良で寝込んだり、気分が落ち込んで

うつ病と思い込んでしまうケースもあります。

 

実際、うつ病患者の多くが、男性ホルモン「テスト

ステロン」の不足に陥っているのに、ほとんどの

場合はその可能性すら顧みられていません。

 

そればかりか、大量の抗うつ薬を投与されても

治らず、かえって悪化させているケースも

あります。

抗うつ薬のなかには、テストステロンを下げる

ものもあるのです。

 

男性ホルモン、主にテストステロンという

ホルモンですが、40歳を過ぎると徐々に

このホルモンが少なくなってきます。

 

あまり大きく減ってしまうと、元気がなくなって

気分が落ちこんだり、イライラしたり、朝起き

られなかったり、不眠になったりします。

 

身体面でものぼせたり、汗が出たり、冷え性に

なったりと、さまざまな健康障害が起こります。

これこそが「男性の更年期障害」なのです。

 

更年期障害というと、なんとなく「女性特有の

もの」と受け取られがちですが、実は男性にも

あるのです。

そればかりか、女性以上に深刻であるとも

いえます。

 

テストステロンが減少して男性更年期症状が出る

病気を、医学的には「LOH(ロー)症候群

(加齢男性性腺機能低下症候群)」と呼びます。

このLOH症候群が、いま、日本人男性に急増

しているのです。

男性更年期障害は女性より深刻

よく知られているように女性の更年期障害は、

一般的に40代後半から50代で、のぼせ、

多汗、動悸、立ちくらみなどの症状を訴える

人が多いようです。

 

イライラや不安感、ヤル気が出ないといった

精神症状を訴える方もいらっしゃいます。

でも、女性の更年期障害は、閉経の前後5年

以内の一過性のできごとです。

 

程度の差はあるものの、どの女性も通過する

症状です。

年をとるにつれて治まります。

 

しかし、男性の更年期障害は、テストステロン

など男性ホルモンの減少に伴う病気です。

じっとしていてもよくならず、正しい対処を

とらなければ、一生続くこともあるのです。

 

一方、男性ホルモン不足というと、男性機能の

低下に結びつけて考えられることが多く、

そのことが男性更年期についての啓発を

遅らせた面があると思います。

 

「男性ホルモンの治療」というと、「精力増強」

と思い込んでいる人も多く、うつ症状と結び

つけられることはまれです。

 

そうしたことが、男性更年期についての正しい

知識の普及を遅らせているひとつの原因だと

思います。

 

たしかに、男性ホルモンであるテストステロンの

不足は、男性機能の低下とも大きく関係して

います。

 

しかし、大多数の男性、特にビジネスマンに

とっては、さまざまな精神症状のほうがより

深刻な問題なのではないでしょうか。

 

競争の激化、成果主義の導入などにより、企業

社会がより高ストレス化してきたことも背景に

あるのではないでしょうか。

 

男性ホルモン・テストステロンは、強いストレス

があると作られません。ストレスにより、

テストステロンが低下してしまうのです。

 

精神症状としては、健康感の減少、不安、

イライラ、うつ、不眠、集中力の低下、

記憶力の低下、性欲の減少といったことが

挙げられます。

 

40代以上の方は、何かしら心当たりがある

のではないでしょうか。

また、身体症状では、筋力低下・筋肉痛、疲労、

ほてり・発汗、頭痛・めまい・耳鳴り、性機能

低下、頻尿、いわゆる「朝立ち」の消失といった

ことが挙げられます。

 

また、テストステロンは、メタボや糖尿病など

生活習慣病とも大きな関係があり、テストス

テロンが不足すると、生活習慣病の発症

リスクを上げるともいわれています。

ビジネスと男性ホルモンの関係

テストステロンの不足は、やる気の低下や無気力

感などをもたらしますから、しっかり仕事をする

には、テストステロンがしっかり出ていることが

不可欠です。

 

経営者やビジネスパーソンにとって重要な、判断

力、決断力の向上にも大きな影響を及ぼします

から、テストステロンが多いことが「できる人」

の条件ともいえます。

 

しかも、そうした能力面ばかりでなく、テストス

テロンは、社会においてどうふるまうかといった

「男の生き方」も深くかかわっています。

 

テストステロンの高い人は、チャレンジ精神、

冒険など自分の世界を広げる意欲の強い人です。

これは、企業家精神や、営業での新規開拓力

といったことにつながります。

 

また、テストステロンの高い人は、仲間と社会

との協調を大切にする、健全な競争心の強い人

でもあります。

 

自分が不利益をこうむっても公平性を重視する

といったこともテストステロンのなせるワザです。

テストステロンが高い人は、そういった意味で、

よきリーダシップを発揮できる人が多いのです。

 

面白いことに、どこの会社でも、テストス

テロンが一番高いのは社長であることが

多いようです。

 

テストステロンは夜寝ている間につくられます。

したがって、朝がいちばん高くて、夕方になるに

つれ、減っていきます。

 

ですから、重要な決断をするのには、テストス

テロンが上がって決断力・判断力が高まっている

朝がお勧めです。

逆に夜は、大事な決断をするのは避けたほうが

いいのです。

 

また、テストステロンはシナプスの増加を促し、

記憶力の向上に結びつくという発表もあります。

そうしたことからも、朝をビジネスや学習に

活用することは有効です。

 

朝型生活や朝活を勧めるビジネス書が多いことも、

知らないうちにテストステロン効果を活用して

いるのかもしれません。

 

実は、「男らしさ」「男の魅力」といったことは

テストステロンに負うところが大きいのです。

テストステロンが強く働いている人は、正義感が

強く、いわゆる「男らしい男」「男の中の男」

となります。

 

男性は男性同士でそうしたことをかぎ分けると

され、テストステロンの高い男性は、同性から

支持される傾向があります。

 

つまりテストステロンが高い人ほど、男性から

人望があるといえるのです。

これはビジネスにおいて、大きなアドバンテージ

になるのではないでしょうか。

 

また、女性は、やはり男らしさに惹かれるもの

でしょうから、テストステロンの高い男は女性

から人気があり、モテるといえるかもしれません。

 

自分でできる「男性更年期障害」チェック

外見から簡単にチェックできる方法があります。

左右どちらでもいいですので、人差し指と薬指を

見てください。

 

簡単にいえば、薬指が長いほど、テストステロン

値が高いのです。で

すから、男性は、人差し指より薬指のほうが長い

人が多いのです。

 

これにはちゃんと根拠があります。

指の骨にはテストステロンのレセプターが存在

するのですが、薬指には特にレセプターが多く

存在するため、テストステロンが高い人ほど、

薬指が発達するのです。

 

ですから、女性は一般に、人差し指のほうが

薬指より長いか、あるいは同じくらいです。

でも、女性でも、バリバリ仕事をしていて

上昇志向の強い人、経営者などは薬指が長い

傾向があります。

 

テストステロンが不足しているかどうかの判断は、

医療機関などで使われている、17項目の質問表

AMS調査票」があります。

 

「AMS調査票」とネットで検索すれば、質問表は

簡単に見つかります。

ひとつの目安になるので、まずご自分でチェック

してみてはいかがでしょうか?

 

これで、合計が26点以下は正常、27~36

点は軽度の男性更年期症状、37~49点は

中程度の症状、50点以上は重症の可能性が

高いとされます。

 

50点以上の場合は、医療機関で受診する

べきでしょう。

ただし、この質問表だけでは判断できない部分

もあるので、あくまで参考にとどめてください。

 

これにあてはまらなくても、これまで述べてきた

ような症状が気になる人は、男性更年期を疑って

みたほうがいいかもしれません。

 

男性更年期の可能性が高い場合は、泌尿器科や

メンズヘルス外来で、正確なテストステロンの

値を測ってもらってください。

費用もさほどかからないし、簡単な血液検査で

すぐにわかります。

 

血液1ミリリットル中のテストステロン値の量が、

おおむね300~350ナノグラム以下の場合、

LOH症候群(男性更年期障害)と診断され、

治療の対象となります。

 

LOH症候群と診断された場合でも、男性ホルモン

(テストステロン)補充療法を受ければ、

ほとんどの場合、劇的に回復することができます。

 

メンズヘルス外来では、直接テストステロンを

補充する治療よりも、漢方薬などによりテストス

テロンをつくる働きを高める治療を中心に行い、

多くの方が回復されています。

 

アメリカでは2014年の段階で、40歳以上の

男性の30人に1人に当たる170万人が

テストステロンを使った治療を受けています。

 

調査から漏れている人を入れれば、この数倍の

方がテストステロン補充療法を受けていると

されます。

 

アメリカでは、ちょっとしたテストステロン

ブームになっています。

「テストステロン的だね」というのが、ほめ

言葉になっているくらいです。

 

日本でいえば、「マッチョでカッコいいね」

といったところでしょうか。

一方、日本で、テストステロンを使った治療を

受けている人は2万人にすぎません。

 

これは、韓国やシンガポールなどアジアの

国々のなかでも少ないほうです。

先ほども申しましたように、日本は、男性

ホルモン・テストステロンについての啓発が

遅れた「ホルモン後進国」なのです。

 

ここで、どの泌尿器科でもテストステロンに

関する治療を行っているわけではありません。

事前にネットなどで調べていかれるといいで

しょう。

 

「テストステロン」「男性更年期」「LOH症候

群」「男性ホルモン補充療法」などと検索して

調べれば、すぐにわかると思います。

 

テストステロンを上げるための10カ条

日常の生活の工夫で、テストステロンを高める

ことができます。

以下の10カ条ご参考になさってください。

第1条 適度な運動をする……筋肉が刺激されると
    テストステロンが作られます。
第2条 仲間とともに行動する……チームスポーツ
    のほうがより効果的です。
第3条 ストレスを解消する……ストレスは
    テストステロンの大敵です。
第4章 夜更かしをしない……テストステロンは、
    夜寝ているときに作られます。
第5条 女性と接する……世代を問わず初めて会う
    女性と話すだけでもいいのです。
第6条 学生時代の友達と会う……利害関係のない
    友人関係が大事です。
第7章 パワースポットに出かける……自分が元気
    になれる場所を見つけましょう。
第8章 海に入る!……プールではなく海のほうが
    テストステロンを上げます。
第9章 「臭い話」で盛り上がる……嗅覚の刺激が
    効果的です。
第10章 ゲームをする……神経伝達物質ドーパ
     ミンがテストステロンを高めます。

 

この10カ条のほか、テストステロンを増やす

ためには食生活の改善も有効です。

最も大切なのは、十分に睡眠をとることです。

 

テストステロンは、夜中につくられるのです。

とくに、夜中の1~3時の睡眠は重要です。

LED照明などは消して、しっかり睡眠を

とってください。

 

LOH症候群の男性患者のなかには、長距離

通勤で睡眠が十分確保できていない方が

よくいらっしゃいます。

 

そうした方は、週に一度は会社の近くの

ビジネスホテルに泊まるなどして、睡眠を

しっかり確保するべきです。

 

また、睡眠とあわせて、適度な軽い運動を続ける

ことも重要です。

ただし、マラソンなど運動のしすぎはかえって

マイナスになりますから、ご注意ください。

 

何らかの自己表現を行い、それを評価されて、

自信を持つことでテストステロンは高まります。

心理学用語でいえば、承認欲求が満たされた

ときといってもいいでしょう。

 

仕事でうまくいって誉められたり、部下から

感謝されるといったことです。

仕事でなくても趣味やボランティアの場でも

いいので、自分の存在意義が認められる場所が

あるとテストステロンを維持していけるはずです。

先ほども述べたように、会社のなかでいちばん

テストステロンが高いのがたいてい社長である

ことも、存在意義が認められていることと

関係あるのでしょう。

 

それと、これは仕事とは関係ないでしょうが、

好みの女性に対して顔がゆるむ、いわゆる

「鼻の下を伸ばす」状態でもテストス

テロンはグンと伸びます。

まとめ

テストステロンは、社会の中で自分をアピールし、

未知の世界に旅立たせる「夢と冒険のホルモン」

であると考えられます。

 

テストステロンが高ければ、バリバリ働いて、

仲間や家族、他人とのつながりを大切に

しながらも、社会全般に関心を持ち、人生を

積極的に楽しもうという意欲がわくものです。

 

いつまでも若々しく、男らしさにあふれますから、

必然的に女性にもモテる可能性が高まりますし、

ビジネスシーンで男性からの支持も受けられ

やすいでしょう。

 

また、年を取ればだれでも老化するものと思われ

がちですが、老化にもテストステロンが大きな

カギを握っています。

 

テストステロンが高ければ、若さを保つことが

できるのです。

男の人生を決めるのは男性ホルモンです。

 

ぜひとも、もっと多くの人に男性ホルモンの

役割と存在意義を知ってもらい、テストス

テロンを高く保つ生活のコツを実践して

みて下さい。

 

うつ病の関連記事を、グループ分けして、

まとめ記事として、整理してみました。