自分の日常を振り返ると、親の影響を受けているなと思うことが

あります。

しらずのうちに、親から受けた教育を自分の子供にしていることが

よくあります。

 

親にして頂いたことは、子供にもと考え、少々無理してしているな

と感じることがあります。

また、私と妻では随分違う育て方をされたんだなー、とよく思います。

少々特殊だった我が家

多分我が家の教育方針は、多様な実体験と質素倹約だったと推定します。

自給自足を目指す

我が家は、所有していた田畑をベースに、自給自足を目指していた

ようです。

 

両親は公務員で、普通の家庭と比較して比較的裕福だったはずです。

祖母の得ていた恩給も手厚く、現在換算すれば、家庭年収2000万以上

ですが、休日は終日畑仕事でした。

その際、機械類は一切購入しなかったので、クワベースの手作業でした。

  • 米:自給自足
  • 野菜:自給自足
  • 根菜類:自給自足
  • 卵・鶏肉:自給自足
  • 牛豚肉:購入

大型動物の肉以外は、自給自足していたわけです。

 

田畑仕事をしていると、学校帰りの友達に、随分からかわれたりして

小中高と進むにつれ、抵抗感が増した記憶があります。

質素倹約

我が家は親戚から譲り受けた旧家を改築したものでした。

友達からは「あばら屋住まい」と呼ばれていました。

  • 家:雨風を凌げればよい
  • 衣類(学校):親類・ご近所からのもらいもの
  • 衣類(私服):無し
  • 外食:無し
  • 旅行:無し
  • 教育費;必要に応じて

私が高校を卒業して家を出た後、300坪の土地に、2億以上

かけて平屋の豪邸を建てたときは、立ち眩みがしました。

親の影響

私の場合

私が早朝出社(6:00)早めの退勤(18:00)をベースに

としているのは、母の習慣そのものです。

また、家で家庭菜園を趣味としているのは、子供時代の体験と関係

ありだと思います。

 

基本的に親は何もしてくれませんでしたから、自分で考え何とかする

習慣も身につきました。

親の影響とは大きいものです。

妻の場合

妻の実家は自営業で、畑も所有しています。

今でも季節季節の農作物を送って下さり、たいへん助かっています。

我が家と違い、畑仕事は一切子供にやらせなかったようです。

娘二人ということもあり、衣類等は潤沢に買い与え、家族で楽しんで

いたようです。

 

お金があれば、あっただけ使う生活スタイルは、見事に受け継がれて

います。

娘息子に対する甘さは、将来が心配になる程ですが、自己肯定感

向上に繋がる可能性もありますから、表裏だと考えています。

 

一方、義父母は健康維持に留意なさっており、毎朝二人で散歩して

いました。

とても良い習慣だと思うのですが、そういった点はまねません、

非常に牛木です。

 

老後は75才程度まで働くことが、見えてきた現在、健康維持は

何より大切だと考えます。

お金を投資してでも、健康維持すべきだと考えますが、なかなか

理解してもらえません。