地方受験の幻想

国立大指向

地方の特徴として、国立大学が受験対象のベースとなっています。

  • 地元国立大学
  • 近隣有力国立大学
  • 旧帝大
  • 東大・京大

といったところでしょうか。

私も子供ころから、地元から出たく、上記をクリアして地元を

出る実績をつくりました。

私立大対応の遅れ

国立大学指向を共通テスト終了まで引きずってしまうため、

5教科7科目の勉強実感が長くなってしまいます。

長女の学校の状況を見ていたら、国立大学の二次受験校は、

当初の志望校からランクダウンする例が多いです。

受験学部学科に思い入れが強い場合は、そこで初めて私立大

受験に向かいます。

しかし、当初から私立受験を目指し、2~3教科で準備して

きているライバルとの勝負は明らかに不利です。

内申点で推薦入試で入れる大学に、受験して苦しむことになります。