本記事を書いているのは2018年3月

5日で、国立大学合格発表の前日です。

 

同じ立場の親御さんは、お子様と合せて

落ち着かない状況だと思います。

 

我が家も同様で、妻は不安状態が続き、

半分、うつ状態となっています。

 

本記事では、私が実行しているメンタル

ケアを紹介します。

 

 

我が家の現在の状況

私は2017年5月から、単身赴任して

おり、週末のみ帰宅する状況です。

 

このため、妻には子供の対応に関して、

随分,負荷を掛けてしまいました。

 

妻は大学受験が一巡したところで、精神

的に限界状況になっています。

 

息子の私立大学の受験結果は、2勝2敗

でした。

 

但し、下の記事で書いたように、息子は

この結果に納得がいかないようです。

 

 

私も直接に聞いたわけではないので、

単身赴任先から家に戻る3月3日(土)に

妻を引継いで、息子をサポートとメンタル

ケアすることになりました。

 

 

息子のサポートとメンタルケア

先ず息子の話を聞いてみた

この年齢になると、親の考えを言っても

息子に届かないので、先ずは、息子の

考えを聞いてみました。

 

やはり、現状合格している私立大学に

進学することは抵抗があるとのこと、

 

理由は頑張ってきた成果として、不本意で

受け入れがたい、

 

具体的には、学校の選抜クラスで、上位

成績を取ってきたこと、内申点も4.9と

(5段階評価で体育4以外オール5)、

 

過去の高校入試実績に照らしてみて、

国立大学に落ちたなら、合格した大学に

進学することは、許容できないとのこと

でした。

 

かなり決意がかたく、一応筋もとおって

いますので、受け入れることにしました。

 

息子には、私も1年浪人したこと、それは、

人生において無駄にならなかったこと、

 

しかも現在は人生100年時代なので、

自分の納得がいくようにやったら良いと

話しました。

 

この段階で、こわばっていた息子の

雰囲気がだいぶ和らいだように感じ

ました。

 

そこで、事前に準備していた伝えたかった

ことを話してみました。

 

人工知能進展と二極化拡大を生き抜く力

私は昔のように、良い大学に行って、

良い会社に入るのが、成功の一方法が

完全に崩れた現代において、

 

どのような状況になっても、自力で

仕事を作りだし、できれば小資本で

お金を稼ぐ力が必要だと考えます。

 

具体的にどうしたら良いのか、分らな

かった中、ブログで紹介されている

無料セミナーが目にとまり、その中で

気づきを得ました。

 

 

受験勉強で視野が狭まっている息子に

対して、広い視野を持ってもらう意味で

私の気づきを伝えてみました。

 

先ず、面白いサイトを見つけたので、

見てみないか誘いました。

 

このサイトは、7分の試験で起業センス、

リーダーシップ、精神状態を判定して

くれるから、気分転換にやってみたらと

言ったら、やってくれました。

 

結果を私の結果と比較して表示したのが

以下です。

 

起業センス リーダーシップ 精神状態
長男 50 S(高位)
58 A(低位) SS

 

起業センスは偏差値のようなもので、社会

人の平均は41、学生の兵器は38だそう

です。

 

息子の数値によって、話しの持っていき

かたを10パターン程度考えていました。

 

 

息子の得点より、精神状態も悪くない

ため、普通のパターンで大丈夫と

判断しました。

 

これからの時代は変化も激しくなり、

会社をベースとした時代から、個の力を

ベースとした時代になること、

 

必要に応じて、違う個の力を持った者が

あつまり、プロジェクトを組み、終われば

個に戻ること、

 

その積み重ねが、現在のキャリアに取って

かわる事を話しました。

 

この無料セミナーには、それに関する

気づきの場として、可能性があるから

やってみたらと進めてみました。

 

息子は、土曜日はセミナーを見ていました、

 

日曜日は朝から、全くやっていなかったの

ですが、夕食が終わるとおもむろに、やり

始めました。

 

特に興味を持ったのは、デジタル通貨

セミナーで、【第5章】仮想通貨の真の

用途は人工知能が人類に課金することだ

は気に入ったようです。

 

今後、浪人するにせよ、大学に行くにせよ、

世の中について、自分なりの視点を持つ

ことができそうで、親としても嬉しいです。

 

明日は、いよいよ国立大学の合格発表美、

私は月・火・水と年休を取り、あらゆる

ケースに備えています。

 

さて、どうなることやら。。。。。

 

以下、関連記事です。

 

以下、関連記事です。