世論に振り回されない

高齢者世帯の1ヶ月の収入が21万5千円(最低限の生活)、支出が27万3千円、

60歳までに3000万は最低限必要等々、あおり記事が目立ちます。

上記は一面正しいですが、一番重要なのは間違いなく健康だと考えます。

それは、政府,官僚サイドの施策によるものです。

一億総括役社会・働き方改革と呼ばれている施策です。

一億総活躍社会・働き方改革

施策の概要

本施策の根幹は二つです。

一つは、二極化が進んでいる現状をより進め、ワークシェアリングにより

労働参加者を増加させることです。

2017年1月時点では、高齢者の定義を65才から75才に上げる

動きが表面化してきましたね。

他方は、進行している核家族化を、逆転化させ介護の仕事を家庭に戻そうと

するものです。

ワークシェアリングに関しては、一般の正社員である月収50万の父親の仕事を、

多数の派遣社員に分配します。

父親の残業は減り、育児,介護に参加可能となります。

一方、分配された仕事はワークシェアリングされ、母親、祖父、祖母が、

それぞれ短時間のパートタイムで働きます。

父親が週4~5日出勤して月に20万円稼いだら、後は母親と祖父、祖母の

とちらかが週3~4日働いて月に15万円づつ稼いでくれば、世帯全体では

月50万円の収入になります。

健康維持が第一の資産

ここでは、祖父、祖母が健康状態を保ち、働けることが重要になります。

具体的には65歳以上も働く覚悟を決めておくことと、男性なら寿命は

80歳を超えましたが、健康寿命は現状70歳です。

健康寿命を少しでも長く保てるよう、体の衰えが発生し始める、50代から

備えておく必要があります。

働ける健康を保っていれば、収入確保を見込めると考えます。

資産形成

とはいえ、人は年を取れば衰えていくのは必然です。

相応の資産を持っていることは、生活のゆとり繋がりますし、それが心のゆとりに

繋がるといった好循環に繋がります。

資産形成を考えていく上で2つのことを知ることが重要だと考えます。

現状を知る

先ずは、現在の把握です。

50代になると、将来までかなり見通すことができます。

ライフプラン表などを作成して、それを可視化することが有力です。

そうすることで、自分のやるべきことが分ります。

自分を知る

資産を形成していく上で、各種方法があります。

ポイントとなるのは、下記項目です。

  • ベース資金の状況を知っておくこと
  • 自分の性格を押さえておくこと
  • 国策に乗ること

私のケースで簡単に説明します。

今年の2016年の12月に退職金が入ったため、千数百万強を

3単位持っています。

  • 退職金
  • 確定拠出年金(退職に伴い確定給付年金が確定拠出年金に一本化)
  • 自己プライベート

退職金は、目先は退職者優遇プランで回していますが、その先は定期

預金にする予定です。

確定拠出年金は、これまで定期預金タイプで利益を追求してきませんでした。

確定給付年金として会社が、年2.4%複利で回してくれていた部分が

無くなったため、今後は年利2%複利で回すように運用する予定です。

自己プライベート金は、私の性格に向いている株式で運用しており、年複利

10%で回しています。

国策関連でいえば、2017年から個人確定拠出年金枠が拡大されました。

国側として、現役世代が老後世代を支える現状の仕組みを急に帰ることは

不可能です。

そのため、明らに利用者が有利な制度を導入し、現役世代が自分の老後に

備える枠を作り、ハイブリット化を狙ったものです。

こういった、落ちているお金は、丹念に拾っていくべきです。

退職するまでは、会社規則で加入不可でしたが、ジャストのタイミングで

加入できるようになりました。