50代の資産運用で最も重要なことは、リスクを低減することです。

株式は資産運用の中では、比較的ハイリスクに属しています。

 

私は運用法により、ローリスク・ローリターン・アマ利点の最大化

により、資産の3分の1を株式運用しています。

資産運用のご参考に内容を紹介します。

ローリスク株式運用に向いている性格

私は昔から、見する(様子見する)のが苦痛でない性格でした。

例えば、ギャンブルに参加したとき、お金を掛けないで何時間でも

過ごすことができました。

何しにきたんだと、仲間に随分馬鹿にされましたが、場の流れを

読みながら、見ているだけで十分満足できました。

 

また、自分の考えと違った展開になった際、素直に負けを認め

素早く撤退します。

自分の読み通りでなかったら、負けを認め損切りする、非常に

単純なことですが、できない人が大多数です。

ローリスク・ローリターン・アマ利点の最大化

ローリスク化するためにローリターン、具体的には年間10%の

運用を目指しています。

また、運用を日経平均レバレッジと日経平均インバースのみに

しています。

単独の銘柄を取引するより、リスクが分散されるためです。

 

アマ最大の利点は、プロと違い一定期間の利益出しに縛りが

ないことです。

私は年に2~3回の自信がある場面のみ、取引を行っています。

具体的には、株式の特性として、動きにオーバーシュート,

アンダーシュートが発生するため、その場面かつ自信がある

場合のみの取引となります。

合わせて、株式保有期間を欲張らずに極力短くすることで、

リスク低減を図っています。

 

また、政策に売り無し、政界の一寸先は闇といわれているように、

重要なインサイドの情報をいち早く知ることがとても大切です。

情報収拾には相応のお金を掛けています。

例えば、甘利ショックの時株式を保有していたのですが、ネットに

情報が出回る前に情報を入手し、早めに撤退できました。

結果から見れば、甘利ショックは限定的で、保有し続けていれば

利益出しができていましたが、リスクは極力避けるのが重要です。

複利運用の重要性

私は40代から本運用法を確立し、年間の運用は5~20%複利で

回しています。

大きく欲張らず、複利で確実に運用することはとても大切です。

例えば年運用10%で10年間運用できれば、

1.1^10 = 2.6

元資本の2.6倍になります。

 

50代以上になったら、元資本を大きく減らしてしまうことだけは、

絶対に避けなければなりません。

自分の性格に合っていていること、勝つための手法が確立している

こと、情報戦で互角近く戦える準備することが参戦条件です。

自分に合った方法が確立できた場合に限り、資産運用してみましょう。