50代ライフプランの考え方

仕事中心できた生活も、現状の課題やリタイヤ後の生活と向き合う時期です。

お金を頂く以上は、仕事が重要なことはかわりません。

一方、現状の課題として、子供を金銭面をベースに自立支援する最終段階です。

また、近くにいようと遠方にいようと、親の介護問題は避けてとおれません。

合わせて、リタイヤ後の準備を始める時期です。

また、一番のベースが家庭ですが、夫婦二人で生活していくにあたり、メンテが

必要なご家庭も多いのではないでしょうか。

リタイヤ後はお住まいの地域が生活のベースとなりますから、自分のポジションを

少しづつ確立していく必要があります。

自分の趣味や生きがいが、地域社会とリンクして、生かし生かされる関係になる

ことがベストですが、5~10年程度の時間が必要と考えます。

ライフプランのベースとなるもの

上記一連を支えるのが、経済力と健康になります。

経済力は従来の会社の仕事中心から、複数の収入を得る仕掛けを構築していくのが

良いと思います。

また、健康こそ全てを支える一番大切なことだと考えます。

男性でも人生80年時代です。

これからは、65歳までは最低限働くとして、70歳程度までは働くことが

一般化してくると思います。

一方、男性の健康年齢(他人の世話にならず自立して生活していける年齢)は

現在70歳です。