全国の空き家率が14%に迫っています。

核家族化が進み、高度成長時代に建てられた家が、居住人

の高齢化が進み、空き家となっていくのが主な流れです。

 

地方では相続対策として、明らかに余剰な、アパートが

建てられ地ます。

都会でも、都心のタワーマンションは、一般家庭が購入

できる価格を超えています。

 

15年後には、空き家率は30%超になるという予測も

あります。

私の住む住宅団地の状況

会社の土地売り出し

私は15年前に、ご多分にもれず、新築一軒屋を建て

ました。

皆さんも同じようなタイミングだと思うのですが、

長女が幼稚園の年中さんで、小学校入学を見据えての

ことでした。

 

会社近くで、土地から探していましたが、なかなか

よい物件が見つかりませんでした。

そんな時、住宅団地としては古いのですが、会社が

幹部の社宅向けに押さえていた土地の売り出しが、

社員対象にありました。

 

立地条件が非常に良く、住宅を会社関連の建設会社で

建てることを条件に、値段は相場の8掛け位でした。

8区画の売り出しで、6区画が売れました。

住宅団地の状況

私の住む住宅団地は、250区画余りで、1974年に

開発が着工されています。

小学生の集団通学で、多いときには400人以上いたそう

です。

 

現在は一人に車1台が常識ですが、当時は一家に車1台の

時代でした。

現在では、80%以上の家庭で、会社を退職なさっています。

 

10%程度の家庭を除いて、子供達が巣立って、夫婦二人

暮らし、もしくは、一人暮らしのご家庭も目につきます。

住宅購入は新規一軒家が中心

新規一軒家が中心

私の同僚も知っている限り、2人のご両親と同居している

方を除いて、新規に一軒家を建てています。

マンション購入者もいますが、3人程度と少数派です。

 

ここ最近は、諸来的なコンパクトシティ化の方針も分って

いますので、資産目減りが少ない地区が人気です。

私は購入当時は、随分安く購入できたと思ったのですが、

その後、地価は下がり続け15%程度下がっています。

マンションは不人気

面白いと思うのは、主要駅近くの大型マンションの人気が

余りないことです。

マンションの方が、流動性が高い利点があると思うのですが、

値段は一軒家と変らないこともあり、一軒家の方が人気の

ようです。

 

ディベロッパーも売り出しに苦労しており、先約の購入者

がいるため、あらかさまなディスカウントはできませんが、

モデルルーム売出し価格とか、最終手段として借家化して

売り出す等、苦労なさっています。

新しい流れも出てきた

ライフプランとして、中古住宅購入により住宅購入価格を

節約する動きも散見されます。

私の住居の周りでも、3軒ほど居住人の入れ替わりが

ありました。

 

会社内異動により、家族ごと他県の借家に移り、将来的に

戻ってくることを前提としたケース。

知り合いのご家族に相場の60%の賃料で貸しています。

 

奥様に先立たれ、ご自身も体調不良の方で、お子様が遠方

介護していましたが、見切れず施設に入ったケース。

ご親類の若夫婦(お子様2人)に、無料で住んでもらって

います。

 

上記同様で、遠方のお子様が引き取ったケース。

不動産を通じて売りに出されていました。

1年以上かかりましたが、売却できました。

まとめ

地方では新規一軒家が、人気の中心です。

最近は、諸来的なコンパクトシティ化を見据えた

エリア選択が慎重になっています。

 

マンションは、不人気ですが一軒家より流動生が

高いため、お買い得かもしれません。

新規購入の半分以下の購入費で済む、中古住宅も

少しづつ動きが出ています。

 

地方では、家を担保に老後資金活用するリバース

モゲージ対象外がほとんどです。

国の施策も進んでいますが、将来の不良資産と

ならないよう、考えておく必要があります。