老後に受け取る年金といえば、国民年金から

支給される「老齢基礎年金」、厚生年金から

支給される「老齢厚生年金」が有名です。

 

下記記事ではマイナー年金として、老齢厚生

年金に関係して、加給年金を紹介しました。

 

 

本記事では、自営業等の第1号被保険者に

お得なマイナー年金である、付加年金を紹介

します。

付加年金って?

付加年金は「老齢基礎年金の上乗せ年金」

という立場です。

国民年金の保険料を支払うときに、合せて

「付加保険料」という保険料を追加して払い

込むことで、65歳以降、老齢基礎年金に

加えて「付加年金」という上乗せ年金を

受け取ることができます。

 

対象者は、自営業等の第1号被保険者のみ

となります。

サラリーマン等の第2号被保険者、その

扶養家族である第3号被保険者は対象外

となります。

 

支払う付加保険料は1ヵ月400円の定額

となります。

それによって受け取ることができる付加

年金は,年額で200円x付加保険料

支払い月数となります。

 

付加年金の始め方は、市区町村役場の国民

年金の窓口か年金事務所で、「付加保険料

を払いたい」というだけで簡単にはじめ

られます。

止めるのに制約はなく、いつ始めて、いつ

止めてもかまいません。

付加年金のメリット

付加年金の一つのメリットは、前節で

触れたように、簡単さにあります。

最大のメリットはコスパです。

 

実際の例でみてみましょう。

例えば、付加年金の保険料を10年間

(120月)支払うと仮定します。

付加年金の保険料は毎月400円ですから、

支払総額は、400円×120月=

8,000円となります。

その結果、将来受け取れる付加年金の

年金額は、「200円×付加保険料を納付

した月数」になりますので、この場合の

年金額は、200円×120月=

24,000円となります。

この24,000円生きている限り毎年

受け取れることになりますので、2年間受け

取ると、24,000円×2年=48,000円

この時点で、支払った金額の元が取れ、それ

以上長生きすればするほどお得になるという

ことになります。

 

以前紹介した、国民年金に任意加入した場合、

元手を取るのに、10年程度かかったのと

大違いですね。

 

 

このように大盤振る舞いな施策ですので、

金額が小さいのが少々不満でしょうか。

最高40年で96,000円、なるべく早く

始めたいところですね。

 

付加年金のデメリット

加入できるのは第1号被保険者だけです。

つまり,おおまかに自営業者,フリーランス

だけです。

会社員,公務員,第3号被保険者である

専業主婦・主夫は加入できません。

 

厚生年金に該当し、任意加入である国民

年金基金とは併用できません。

 

確定拠出年金の掛け金上限に影響します。

自営業者・フリーランスが個人型確定拠出

年金に加入する場合,掛け金の上限は月額

68,000円ですが,付加年金に加入して

いるとその分が差し引かれます。

 

本来は400円を差し引いて67,600円

になりますが,1,000円単位の計算に

なるので,付加年金加入時は上限が

67,000円になります。

 

国民年金基金,確定拠出年金,付加年金は

各々メリット,デメリットがありますので、

十分に事前検討してご利用下さい。

まとめ

付加年金は「老齢基礎年金の上乗せ年金」

という立場です。

国民年金の保険料を支払うときに、合せて

「付加保険料」という保険料を追加して払い

込むことで、65歳以降、老齢基礎年金に

加えて「付加年金」という上乗せ年金を

受け取ることができます。

 

金額は少ないですが、リスクが非常に

小さいお得な制度です。

 

国民年金基金,確定拠出年金,付加年金は

各々メリット,デメリットがありますので、

十分に事前検討してご利用下さい。

 

社会保険関連記事を、グループ分けして、

まとめ記事として、整理してみました。